ニュース・WEB広告・ツール・事例・ノウハウまで
デジタルマーケティングの今を届けるWEBメディア

youtube
feed

SNSに使用する画像の最適なサイズとは?推奨サイズまとめ一覧あり!

時計2022.06.02

更新2022.10.21

編集者 SYNCAD編集部

SNS 画像サイズ 推奨  アスペクト比 ツイッター インスタグラム おすすめ フェイスブック ピンタレスト

著者情報

SYNCAD(シンクアド)編集部

  SYNCAD編集部

SYNCAD(シンクアド)編集部。Web広告やデジタルマーケティング、セミナー情報などマーケティング業界の最新情報からマーケを学びたい人に向けに業界情報をお届けしています。

画像に関する用語について

解像度

画像を表現する最も小さな要素をピクセル(画素)と呼びます。画素が集まって画像や写真が表現されます。

この数が大きければ大きいほど、繊細な画像になります。ただし、解像度が大きすぎると、処理するのに時間がかかるため、注意が必要です。

また、出力ができる最小要素はドットと呼びます。

一般的には、Web用では72ppi、カラー印刷用では350ppiが適切だと言われています。

アスペクト比

アスペクト比は、画像や画面の縦と横の長さの比率を言います。一般的な表記の仕方は、縦の長さ:横の長さです。

SNSを含めたサイト内で画像を使用する際、重要になるのがこのアスペクト比です。
このアスペクト比がズレると、画像が引き伸ばされてしまったり、指定された比率に合うように切り取られてしまう可能性があるので、ネット上で画像を使用する場合は、アスペクト比に気を遣うようにしましょう。

容量

容量とは、文字通りデータの量(サイズ)を表しています。

容量の単位には、小さいものからbit(ビット)、B(バイト)、KB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)、TB(テラバイト)があり、1Bは8bitです。その後は1024ごとに単位が変化します。

容量が大きすぎると、読み込みに時間がかかり、表示されるのが遅くなってしまうので、注意が必要です。
投稿時自動的に容量を軽くしてくれるサービスもあるので、一度仕様を確認しましょう。

拡張子

拡張子とは、ファイルの種類を区別するための文字列のことで、「(ファイル名).(英数文字で示す拡張子)」と表記されます。

画像の拡張子は、他の拡張子と違い、基本的な画像データではこのソフトウェアでしか開けることが出来ないというのがほとんどないのも特徴の一つです。
各拡張子の特徴は以下の通りです。

【JPG】 JPGは静止画の圧縮方式で、ジェイペグと呼びます。一般的には、色数が多い写真に用いられるファイル形式です。シンプルなロゴやイラストでの使用は少なく、背景を透過したい画像には用いられません。サイズを変えたり上書き保存をするだけでも画質が劣化してしまうので、注意が必要です。

【PNG】 PNGはWebサイト上で画像を表示する際に開発された画像ファイル形式で、ピングと呼びます。塗りつぶしの多いイラストや、ロゴマーク、アイコン等によくPNGが用いられることが多いです。色数が多く、可逆圧縮や背景透過が可能な半面、グラデーションのある風景のような写真では、JPGよりも容量が大きくなる場合があります。

【GIF】 GIFは、動画表示す際に用いられることが多いファイル形式で、ジフと呼びます。色数の少ない画像だけでなく、アニメーションを表示することができ、容量が小さいため使い勝手は良いですが、写真のように色数が多い画像の表示には不向きです。

【SVG】 SVGの用途としては、輪郭のはっきりした写真、色数の少ないイラストなどに用いられることが多いファイル形式で、Scalable Vector Graphicsの略、エスブイジーと読みます。どんなに拡大してもきれいな線を保つだけでなく、ディスプレイに合わせてサイズを変更でき、容量も小さくできますが、JPGやPNGのようなビットマップ画像に変更してしまうと、SVGのようなベクター画像に戻すことはできません。

【TIFF】 TIFFはTagged Image File Formatの略で、一般的に印刷業界で使用される画像ファイル形式です。ティフと呼びます。スキャナから読み込んだ画像など、編集や圧縮をせずに保存したいファイルに使われることが多いです。

【WebP】 WebPは、Google社が開発したWebに対応している画像ファイル形式で、ウェッピーと読みます。新しい画像ファイル形式で、画像のサイズを小さく、表示速度を早くできる特徴があり、まだまだ対応しているブラウザは少ないですが、今後期待できる拡張子であると言われています。

Twitter(ツイッター)に最適な画像サイズ

Twitter投稿の推奨画像サイズは

1280×720px


SNS 推奨画像サイズ

用途ごとの適切画像サイズ

拡張子:JPEG/GIF/PNG

ヘッダー画像推奨サイズ:1500px × 500px

プロフィールアイコン画像推奨サイズ:400px × 400px

ヘッダー・アイコン画像容量:2MB以下

投稿横長画像サイズ:1280px × 720px / 1200px × 900px / 1200px × 800px / 1200px × 600px

投稿用縦長画像サイズ:1200px × 1600px

投稿用正方形画像サイズ:1200px × 1200px

投稿画像容量:5MB以下

Twitterマーケティング方法についてはこちら↓

Facebook(フェイスブック)に最適な画像サイズ

Facebook投稿の推奨画像サイズは

1080×1080px


SNS 推奨画像サイズ

用途ごとの適切画像サイズ

拡張子:JPEG/GIF/PNG /BPM/TIFF

プロフィールアイコン画像推奨サイズ:170px × 170px以上の正方形(PNG推奨)

プロフィールアイコン容量:100KB以下

カバー画像推奨サイズ:815px × 315px

投稿画像:幅2048px以内

投稿容量:15MB以内、PNGは1MB未満推奨

Instagram(インスタグラム)に最適な画像サイズ

Instagram投稿の推奨画像サイズは

1080×1080px


用途ごとの適切画像サイズ

拡張子:JPEG/GIF/PNG

プロフィールアイコン画像推奨サイズ:320px × 320px

投稿用正方形推奨画像サイズ:1080px × 1080px

投稿用横長推奨画像サイズ:1080px × 566px

投稿用縦長推奨画像サイズ:1080px × 1350px

Instagramマーケティング方法についてはこちら↓

各種SNS投稿最適画像サイズ一覧表

SNS推奨画像サイズ(px)容量おすすめアスペクト比
Twitter1280px × 720px5MB以下16:9
Facebook1080px × 1080px15MB1:1
Instagram1080px × 1080px30MB以下1:1
LINE1200px × 628px10MB以下16:9
Pinterest1080px × 1920px20MB16:9

まとめ

投稿に適切な画像サイズを知ることで、ユーザーの目から違和感を払拭することが出来ます。

また美しい投稿は拡散力もあり、伸びやすくもあります。
ですので、最適な画像サイズを適宜確かめて投稿していくようにしましょう。

以上、「SNSに使用する画像の最適なサイズとは?推奨サイズまとめ一覧あり!」でした。

著者情報

SYNCAD(シンクアド)編集部

  SYNCAD編集部

著者のホームページ
著者のFacebook
著者のtwitter
著者のyoutube
著者のinstagram

SYNCAD(シンクアド)編集部。Web広告やデジタルマーケティング、セミナー情報などマーケティング業界の最新情報からマーケを学びたい人に向けに業界情報をお届けしています。

当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。
同意する