SSP「fluct」、ポーランドのDSP「RTB House」と接続開始~ディスプレイ・ネイティブ広告配信を拡大し、パブリッシャーの収益最大化を支援~

2019年3月20日、株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluctは、運営するSSP「fluct」において、ディスプレイ・ネイティブ広告のRTB取引を強化するため、2019年3月、ディープラーニング(深層学習)に基づいた最先端のリターゲティングサービスをグローバル展開するRTB House(本社:ワルシャワ、社長:ロバート・ディチコフスキー)が提供するDSPRTB House」と、RTB接続を開始したことを発表しました。
 

概要

 

リリースについて

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)は、運営するSSP「fluct」において、ディスプレイ・ネイティブ広告のRTB取引を強化するため、2019年3月、ディープラーニング(深層学習)に基づいた最先端のリターゲティングサービスをグローバル展開するRTB House(本社:ワルシャワ、社長:ロバート・ディチコフスキー)が提供するDSP「RTB House」と、RTB接続を開始しました。これにより、SSP「fluct」経由でのディスプレイ・ネイティブ広告の配信量が拡充され、SSP「fluct」が提携するパブリッシャーの更なる収益拡大を図ることが可能です。

RTB Houseについて

RTB Houseは、ディープラーニングに基づいた独自開発の広告入札エンジンを用いて、広告主の短期・中期・そして長期の目標達成をサポートしています。RTB Houseのサービスは現在、最先端のマーケティングテクノロジーを世界のトップブランドに提供されており、アディダス、ホテルズドットコム、ニューバランス、トリバゴ、セフォラ、ウォルマートなど、約70ヶ国、1500以上の企業に利用されています。400人以上のプロフェッショナルで構成されるチームは日々拡大しており、深層学習をアルゴリズム全てに展開しています。

2018年には日本進出し、1年で導入企業は100社を突破しました。ファッション、人材、旅行、不動産領域を得意とし、日本オフィスでは取扱キャンペーン数が1年で8倍、従業員も10倍に増加しています。新しいマーテックソリューションを発明・開発する環境づくりのため2019年1月にAIマーケティングラボを開設、2019年2月にはクリエイティブラボの開設を発表しました。

fluctについて

株式会社fluctは、2008年からメディアの収益化に取り組んでいます。運営するSSP「fluct」は、高度なアルゴリズムによるフロアプライス設定と配信比率調整、配信面精査などを行い、16,000以上のメディアやアプリに、最適な広告配信を行っています。現在ブランドセーフティビューアビリティアドベリフィケーションなどについても、より広告主、メディア・アプリ、ユーザーにとって信頼性の高い広告取引が可能になるよう調査、開発に取り組んでいます。

詳細は関連リンクよりご確認ください。

関連リンク




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。