ニュース・WEB広告・ツール・事例・ノウハウまで
デジタルマーケティングの今を届けるWEBメディア

youtube
feed

TikTokの認証バッチ(公式マーク)の取得条件やメリット等を詳しく紹介!

時計2022.07.25

更新2022.07.25

編集者 SYNCAD編集部

TikTokの認証バッチ(公式マーク)の取得条件やメリット等を詳しく紹介

著者情報

SYNCAD(シンクアド)編集部

  SYNCAD編集部

SYNCAD(シンクアド)編集部。Web広告やデジタルマーケティング、セミナー情報などマーケティング業界の最新情報からマーケを学びたい人に向けに業界情報をお届けしています。

TikTokの認証バッチ(公式マーク)とは?

TikTokの認証バッジがあると、そのアカウントが本物であることを分かりやすくユーザーに示すことができ、有名アカウントやそのフォロワーからの信頼を得ることができます。
個人、非営利団体、機関、事業や公式ブランドページの場合、認証バッジはTikTokコミュニティで身元を明確にする大切な要素となります。

認証バッジは、検索結果やプロフィールのユーザーアカウント名の隣に青いチェックマークで分かりやすく表示されています。
ユーザー名のすぐ隣でなく、プロフィールの別の場所にバッジが表示されている場合、そのアカウントは認証されたものではありませんので注意してください。

認証バッジを表示できるのはTikTokのみです。バッジは常に同じ場所に表示されます。

TikTokについてはこちら

TikTok認証バッチ(公式マーク)取得のメリット

信頼性が高まる

認証バッチを取得しているアカウント=公式・本人であることが証明されているアカウントであるため、客観的に見ても信頼性の高いアカウントであると言えます。

ユーザーから信頼されやすく、多くのフォロワー獲得につながる可能性があります。

なりすまし被害の対策

他のユーザーが検索した時に、公式マークがついていれば、なりすましのアカウントがいたとしても、どちらが本物か一目で分かりますね。
ユーザーは認証バッチが付いた、本物のアカウントであると信頼してフォローをすることが出来ます。

おすすめ上位表示されやすくなる

公式マークがついているアカウントは、おすすめに表示されやすくなります。また、質の良いコンテンツを多くのユーザーに見てもらえるように、検索結果でも上位にも表示されやすくなります。

そのため、公式マークがつく前と比較して、再生数やリーチ数の伸びが期待でき、TikTokアカウントの成長にも好影響をもたらします。

TikTokの認証バッチ(公式マーク)取得条件

TikTokの公式マークは誰でも取得できるわけではありません。
明確な条件は表記されていませんが、以下の条件を満たすと比較的に認証バッチを獲得しやすくなると言われています。

TikTok認証バッチの取得条件


  • フォロワー数を増やす

  • 定期的な投稿

  • 質の良いコンテンツの提供

  • ルールの遵守

TikTokの公式からは、認証されるための明確な基準は発表されていません。

ですが、TikTokクリエイターに向けた情報が発信されている公式の記事などから、上記の条件が、公式マークを得るために抑えておきたいポイントであることは分かります。

いいね数やコメントの数、総再生回数や総再生時間を上げていくことが大事です。インプレッション数やエンゲージメント率を向上させることで、アカウントの評価はどんどん高くなり、認証バッチに一歩近づきます。

TikTok認証バッチ(公式マーク)の申請方法

TikTokの認証バッチ(公式マーク)については、申請フォームの設置や、審査の実施などは行われていません。

つまり、自分から認証バッチを取得するために申請することはできず、TikTok公式運営事務局から公式アカウントとして認知され、認証されるのを待つ形になります。

多くの認証バッチを取得しているユーザーは、気が付いたら付与されていたという状態ですので、ひたすらに質の良いコンテンツを投稿していくのが認証バッチ取得の近道です。

TikTok認証バッチについて詳しくはこちら

TikTokで公式マークを取得するためにやってはいけないこと

フォロワーを買う

フォロワーを一気に増やしたいからといって、フォロワーを購入するとスパム行為として運営側にアカウントを凍結されてしまいます。
こちらに関してはガイドラインにも明記されています。

お金を払ってフォロワーを購入しても、コンテンツやアカウントを削除されてしまえば意味が無いので気を付けましょう。

信憑性を損なう行為

ガイドラインで禁止されている行為をしてしまうと、認証バッチを獲得することは難しくなります。

なりすましであったり、誤解を招くような情報の発言をしている、著作権や商標などの知的財産を侵害するコンテンツの投稿には特に気を付けましょう。

基本的に他の人に迷惑をかけるような行為はしないようにしましょう。

攻撃的な内容のコンテンツ投稿

炎上で知名度が上がるのを狙うのはおすすめしません。
攻撃的な内容の動画は、動画の削除やアカウントを凍結される可能性が高まり、またその動画の内容により不快感を覚えるユーザーも出てきてしまいます。

マイナスな投稿で一時的に注目されても長くは続かないので、質の高い動画でファンの獲得を目指しましょう。

TikTok認証アカウントを運用する際の注意点

TikTokでは、いつでも予告なく青の認証バッジを削除することができます。 削除理由には、次のようなものがあります。

認証バッチ(公式マーク)を削除される場合


  • アカウントを別の人に譲渡していた場合

  • ユーザー名が変更されていた場合

  • 事業・個人・期間等アカウントの種類が変わった場合

  • 利用規約に違反する場合

また、認証バッチを取り消したい!という場合は、残念なことに取り消しの申請等はありません。
ですが、ユーザー名を変更することで認証バッチを削除することは可能です。

一般人でも認証バッチ(公式マーク)を取得できるのか

TikTokの認証バッチを取得しているのは、いわゆるTikTokerが多く、彼らの多くは芸能人ではなく一般人です。
すでにTikTokerとしてインフルエンサーになっている彼らを一般人と言っていいのかは分かりませんが、誰であったとしてもTikTokの認証バッチを取得できる可能性があるのです。

まとめ

TikTokは取得条件を公開していませんが、基本的にはアクティブであるか・本物であるか・著名人であるか・安全であるか・完了しているか等の条件を満たせば取得できると言われています。

TikTokに関しては申請制度ではないので、注意しましょう。

また、TikTok以外にも認証バッチがありますので、申請で取得できるものは各種SNSの認証バッチ申請もそれぞれ行いましょう。

各種SNSの認証バッチ申請方法についてはこちら

以上、「TikTokの認証バッチ(公式マーク)の取得条件やメリット等を詳しく紹介!」でした。

著者情報

SYNCAD(シンクアド)編集部

  SYNCAD編集部

著者のホームページ
著者のFacebook
著者のtwitter
著者のyoutube
著者のinstagram

SYNCAD(シンクアド)編集部。Web広告やデジタルマーケティング、セミナー情報などマーケティング業界の最新情報からマーケを学びたい人に向けに業界情報をお届けしています。

当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。
同意する