SOPHOLA社、日本国内のAdScale AIパフォーマンスレポート2020を発表

―AdScale AIによるリスティング広告の驚異的な改善実績を初公開―

長野市で海外の最先端マーケティングテクノロジーを活用したコンサルティング・アウトソーシングサービスを提供するSOPHOLA株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役:飯野 正紀、以下「SOPHOLA」)とAdScale BV(本社:オランダ、アイントホーフェン、CEO:ディーデリック・クラッセン、以下「AdScale社」)は、本日5月18日AdScale社の独自AI技術によるマルチプラットフォーム自動最適化サービス「AdScale(アドスケール)AI」の日本国内におけるパフォーマンスレポートを発表いたします。(AdScale AIについては、サービス開発パートナー企業である株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑 治彦、以下「アドフレックス社」)に引き続き独占的にサービス提供を行います。)

SOPHOLA_ロゴ

SOPHOLA_ロゴ

AdScale

AdScale_ロゴ

■概要

AdScale AIは、従来のGoogle広告キャンペーン間の広告予算配分最適化や資料請求・商品購入などの広告主サイトの単一の最終ゴールに向けた広告運用最適化に加え、Facebook広告などの複数プラットフォーム間の広告予算配分最適化、そして認知などの複数のゴールに対する広告運用最適化の新たな機能を有しています。

日本国内でAdScale AIをローンチして約1年半経ち、レポーティングに必要な十分な実績が得られたため、包括的なパフォーマンスレポートを初めて発表しました。

■調査データ

・調査期間:2018年12月〜2020年4月
・対象アカウント数:国内のAdScale AI利用企業9社
・利用広告媒体:Google・Yahoo!Japan広告
・選定条件①:AdScale AI接続前後半年間(接続前:3ヶ月、接続後:3ヶ月)で広告表示回数、クリック数、コンバージョン数が0とならない安定的なアカウント
・選定条件②:ある月予算内においてアカウントKPIがCPAのアカウント

■調査結果ハイライト

・全体平均予算が接続前後で+505%と大幅増加しつつ、接続後3ヶ月という短期間で平均獲得単価を-59%と劇的な改善を実現

SOPHOLA社、AdScale

COST_CPA

・Google・Yahoo! Japan媒体別では、
(Google)全体平均予算が接続前後で+779%と大幅に増加しつつ、平均獲得単価は-25%と劇的な改善

SOPHOLA社、AdScale

COST_CPA_Google

(Yahoo! Japan)全体平均予算が接続前後で-2%と微減しつつ、平均獲得単価は-73%とこちらも劇的な改善

SOPHOLA社、AdScale

COST_CPA_Yahoo!Japan

■コメント

AdScale社共同創業者兼CEO、ディーデリック・クラッセンは、次のように述べています。
「日本の中〜大規模の異なる広告予算規模のアカウントにおいて、劇的なパフォーマンス改善を実現することができています。

このパフォーマンス改善については多くの要因が考えられますが、最大の貢献要因は他社にはない異なる広告配信プラットフォームのキャンペーン間、曜日・時間帯での予算配分機能です。そして、個別のアカウント診断やアカウントの属するマーケットにおいてベストなタイミングを予測する必要があり、Google広告配信プラットフォーム単体ではない実現できません。

引き続きより多くの日本のお客様にAdScale AIをご利用いただければ幸いです。」

SOPHOLA代表取締役の飯野正紀は、次のように述べています。
「まず、AdScale AIを日本でローンチして約1年半経過し、確固たる改善実績を包括的にまとめたパフォーマンスレポートをAdScale社と共に発表できて嬉しく思います。

また、単純に広告主様のブランド名や商品名が含まれるキーワードである指名系キーワードなどに広告費を移し全体成果を改善するのではなく、指名系キーワードとそれ以外のキーワード(一般系キーワード)すべての広告予算を大幅に増加しつつ、劇的な獲得単価を改善ができていることを今回ご報告させていただくことができました。

更にAdScale AIの機能を活かすためにも、Facebook/Instagram広告やGoogle/Yahoo! Japanのディスプレイネットワーク広告も接続いただくことを今後も推奨していきます。これによって、対象となる運用型広告全の劇的な改善、全体最適化に繋げられると考えています。」

■AdScale社について

AdScaleはGoogle広告、Facebook広告などのペイドメディアプラットフォームを最適化するAIツールを提供しています。数理統計モデルや同メディアに関するノウハウと直感的に分かりやすいユーザーインターフェースを組み合わせ、広告効果の改善を図っています。

会社名:AdScale BV
所在地:Eindhoven, The Netherlands
代表者:Diederik Klaassen

■SOPHOLAについて

東京、名古屋、大阪圏などの大都市圏ではまだ深刻化していない、地方の過疎化、職人の高齢化、海外への魅力発信などの日本の社会課題に民間企業としていち早く取り組み、課題解決に有効なビジネスを創るために2018年4月創業、5月営業開始。海外の最先端マーケティングテクノロジーを活用したコンサルティング・アウトソーシングサービスを中心としたコンサルティング/アウトソーシング事業と海外向けのB2Bネット通販事業を主軸事業として、先ずは長野県で上記の日本の3つの社会課題解決のビジネスを展開している。

会社名:SOPHOLA株式会社
所在地:長野県長野市
代表者:代表取締役 飯野正紀

■関連リンク

SOPHOLA株式会社
SOPHOLA社、日本国内のAdScale AIパフォーマンスレポート2020を発表 ―AdScale AIによるリスティング広告の驚異的な改善実績を初公開―




2021年1月の月間ニュースランキングTOP10



2021年1月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。