【MMD研究所】第2弾 2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査を実施

MMD研究所

MMD研究所は、60歳~79歳のスマートフォン所有者500人とスマートフォンへ乗り換え検討しているフィーチャーフォンまたはガラホ所有者500人に、2020年7月22日~7月26日の期間で「第2弾 2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」を実施いたしました。

【調査結果サマリー】

■ スマートフォン所有のシニアの44.8%が新型コロナウイルス拡大で「スマートフォンの利用が増えた」と回答

■ シニアのスマートフォン利用メリット上位は「LINEなどのコミュニケーションツールを楽しめる」「地図・ナビゲーションを利用出来る」「気軽にインターネットを楽しめる」

■ スマートフォンへ乗り換え検討中のシニア、新型コロナウイルス拡大で「スマートフォンを使ってみたいと思うようになった」と34.0%が回答

■ シニアがフィーチャーフォンからスマートフォンへの乗り換え時、期待するサポートは「簡単な使い方の冊子」「スタッフによる最低限の設定」「電話で聞ける」

■ スマートフォン所有のシニアの44.8%が新型コロナウイルス拡大で「スマートフォンの利用が増えた」と回答

60歳~79歳のスマートフォン所有者500人に新型コロナウイルス拡大以降、スマートフォンを利用する上で利用が増えたものや新たに利用し始めたものがあるか聞いたところ、44.8%のシニアが「利用が増えたものや新たに利用し始めたものがある」と回答した。

MMD研究所、第2弾 2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査

前問で利用が増えたものや新たに利用し始めたものがあると回答した224人を対象に、利用が増えたものや新たに利用し始めたもの(複数回答可)を聞いたところ、「LINE」が61.6%と最も多く、次いで「YouTube」が35.7%、「楽天市場」が29.5%となった。

MMD研究所、第2弾 2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査

■ シニアのスマートフォン利用メリット上位は「LINEなどのコミュニケーションツールを楽しめる」「地図・ナビゲーションを利用出来る」「気軽にインターネットを楽しめる」

60歳~79歳のスマートフォン所有者500人に、新型コロナウイルスの影響と関係なくスマートフォンを利用していて感じるメリット(複数回答可)を聞いたところ、「LINEなどのコミュニケーションツールを楽しめる」が41.6%と最も多く、次いで「地図・ナビゲーションを利用出来る」が40.8%、「気軽にインターネットを楽しめる」が40.2%となった。

MMD研究所、第2弾 2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査

■ スマートフォンへ乗り換え検討中のシニア、新型コロナウイルス拡大で「スマートフォンを使ってみたいと思うようになった」と34.0%が回答

スマートフォンへ乗り換え検討しているフィーチャーフォンまたはガラホ所有者500人に、新型コロナウイルス拡大以降、スマートフォンを使ってみたいと思うようになったかを聞いたところ、スマートフォンへ乗り換え検討しているシニアの34.0%が「使ってみたいと思うようになった」と回答した。

MMD研究所、第2弾 2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査

前問でスマートフォンを使ってみたいと思うようになったと回答した170人を対象に、スマートフォンで使ってみたいと思うようになった項目(複数回答可)を聞いたところ、「LINE」が50.6%と最も多く、次いで「楽天市場」が33.5%、「YouTube」が28.2%となった。

MMD研究所、第2弾 2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査

■ シニアがフィーチャーフォンからスマートフォンへの乗り換え時、期待するサポートは「簡単な使い方の冊子」「スタッフによる最低限の設定」「電話で聞ける」

スマートフォンへ乗り換え検討しているフィーチャーフォンまたはガラホ所有者500人に、スマートフォンの利用を始めた場合、通信会社にどのようなサポートを期待するかを聞いたところ、「簡単な使い方の冊子の配布がある」が38.2%と最も多く、次いで「スタッフが最低限の設定をしてくれる」が37.8%、「電話で聞ける」が34.6%となった。

MMD研究所、第2弾 2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

調査のロウデータを販売しております
・ 販売商品:2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査
・ 納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
・ 販売金額:300,000円(税抜)
・ 入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

注意事項
※こちらの調査情報は、調査実施者であるMMD研究所との提携により掲載しております。
※本ページ内で掲載している文章、及びその内容についての無断転載等は原則として禁止しています。
※データの利用、引用可否、調査データのついてのお問い合わせはMMD研究所まで必ずご連絡ください。

■ 関連リンク

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)
MMD研究所 プレスリリース
シニアがフィーチャーフォンからスマートフォンへの乗り換え時、期待するサポートは「簡単な使い方の冊子」「スタッフによる最低限の設定」「電話で聞ける」

MMD研究所 インターネット調査のご相談はこちら




2020年11月の月間ニュースランキングTOP10



2020年11月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年11月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。