TVer、TVer広告において、サブカテゴリでの「コンテンツカテゴリ指定」が可能に

TVer広告

株式会社TVer(本社:東京都港区、代表取締役社長:龍宝正峰)は、当社が展開する運用型広告プラットフォーム「TVer広告」において、今までのメインカテゴリの指定に加えて、サブカテゴリでの「コンテンツカテゴリ指定」が可能になりましたので、お知らせいたします。

TVer広告

TVer広告では、今までも「ドラマ」「バラエティ」などのカテゴリ指定は可能でしたが、それ以上のさらに細かな粒度での動画コンテンツのカテゴリ指定はできませんでした。今回、「恋愛」「サスペンス」などのサブカテゴリの指定が可能になったことで、特定動画コンテンツカテゴリへの広告配信が可能になっただけではなく、特定「動画コンテンツカテゴリ」への広告配信の除外もできるようになります。

サブカテゴリ一覧

TVer広告、サブカテゴリ一覧

また、これらの「コンテンツカテゴリ指定」は、オーディエンスターゲティングなどの他のターゲティングと組み合わせて設定することも可能です。
当社は、今後も広告主の課題にしっかり応えられるよう、TVer広告をはじめする広告ソリューションの開発に邁進してまいります。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」について

( https://tver.jp/ )
民放各局が制作した安心・安全なコンテンツを完全無料で視聴できる民放公式の無料動画配信 サービス。パソコン、スマートフォン・タブレット、テレビアプリで毎週約 400 番組を放送終了後に無料で視聴ができるほか、過去に放送された人気コンテンツの配信やスポーツ等のライ ブ配信も多数実施。

TVer広告について

( https://biz.tver.co.jp/
2020年10月にリリースしたTVer社が展開する運用型広告。地上波で放送されたコンテンツがメインであるためコンテンツのクオリティや安心安全度が高い点、高精度なターゲティングをPC・SPだけでなくCTVにおいても展開できる点、などが強み。

関連リンク

株式会社TVer
TVer広告において、サブカテゴリでの「コンテンツカテゴリ指定」が可能に