SMNのLogicad、Verizon Media Exchangeと国内初の連携を開始

~Deal IDによる広告枠への優先取引も可能に~

SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下SMN)は、提供する「Logicad」において、ベライゾンメディア・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役マネージングディレクター:木原 一博)が運営する「Verizon Media Exchange」との広告取引を、本日7月8日より開始いたします。なお、「Verizon Media Exchange」と国内DSP(*1)の連携は初めてとなります。

Verizon Media Exchangeとの連携背景

「Verizon Media Exchange」は、アメリカ、イギリス、台湾などグローバルで展開するSSPとして、自社で運営するメディアを含む国内外のプレミアム媒体の導入実績を多数有しています。

今回の連携により、DSP「Logicad」経由で広告を出稿している企業(広告主、代理店)は、「Verizon Media Exchange」を通じて、TechCrunch、Engadgetなどのベライゾンメディアの自社メディアをはじめ、ベライゾンメディアのパートナーであるMSNのほか、多くのプレミアムメディアへの配信が随時可能となります。

さらに「Logicad」では、Deal ID(*2)による優先的な取引が可能になるほか、ブランディング広告や個々の商材にあった高い広告効果が期待できます。

「Logicad」、「Verizon Media Exchange」連携イメージ

今後は、「Verizon Media Exchange」が展開するモバイルアプリ広告や、動画広告への取引を拡大していく予定です。

SMNは、今後も多様化する広告配信の要望に対して、積極的にサポートしていくことで、企業のデジタルマーケティングの最適化を支援します。

*1 DSP(Demand Side Platform)
広告主の広告効果の最大化を支援する広告配信プラットフォーム。媒体社の広告収益を最大化するためのプラットフォームSSP(Supply Side Platform)とともに、RTB(Real Time Bidding)を通じて、広告枠の売買をリアルタイムに行っています

*2 Deal ID
PMP(Private Market Place: 参加できる広告主とメディアを限定したプログラマティック広告取引)を実施する際に、買い手(DSP)と売り手(媒体、SSPなど)のための識別子として使用されるユニークな文字列のこと

「Logicad」概要

「Logicad」は、大規模な配信ログ、オーディエンスデータを高速かつ安定的に処理することが可能なシステムインフラを備え、独自のアルゴリズムを用い、RTBにも対応した自社開発の広告配信最適化プラットフォームです。

ベライゾンメディア・ジャパン株式会社 概要

米ベライゾンのメディア部門「Verizon Media」の日本法人です。米ベライゾンが2017年6月に米Yahoo!を買収、そしてAOLと統合し、Verizon Media(旧Oath)が誕生しました。
グローバルで保有するユーザーに愛されるメディアと広告主・媒体社の広告効果を最大化するプラットフォームをワンストップで提供しています。
インターネットメディア事業では、デジタルガジェットのニュースサイト「Engadget 日本版」、テクノロジーメディアの「TechCrunch Japan」、エンタメ情報サイト「AOLニュース」、朝日新聞社との合弁事業であるニュースメディア「ハフポスト日本版」等を展開しています。また、2015年にマイクロソフト社のMSNの広告販売事業を譲受し、多岐にわたる広告ソリューションを展開しています。
米ベライゾンのメディア部門として、5G、XR(Extended Reality)、AI、機械学習等の最新テクノロジーを用いて、未来のメディアや広告ビジネスの変革に取り組んでいます。
URL: www.verizonmedia.com/ja

※ 記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

関連リンク

SMN株式会社
「Logicad」、「Verizon Media Exchange」と国内初の連携を開始~Deal IDによる広告枠への優先取引も可能に~




2020年11月の月間ニュースランキングTOP10



2020年11月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年11月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。