ペンシル社、成果報酬型サイト離脱抑制ソリューション「PLOTEGO」提供開始を発表

2019年1月8日、研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシルは、サイト離脱防止ソリューション「PLOTEGO(プロテゴ)」の提供開始を発表しました。

サイト離脱防止ソリューションとは
ウェブサイトを閲覧しているユーザーが、サイトを閉じたり、他のページへ移動したりすることでそのサイトから離れてしまう「離脱」を抑制し、購入・資料請求・問い合わせ・会員登録などのコンバージョンを向上するサービス(ツール)のこと。導入により、ECの売上改善や広告などの成果改善を図ることができます。

サービス概要

PLOTEGO提供開始の背景

ペンシル社が「スマートチーター」を使って独自に調査した結果、EC(電子商取引)サイトの平均直帰率は60%、また、カートに商品を入れて最終確認画面に進んだにも関わらず離脱してしまうユーザーは平均25%という結果が出ました。

しかし、離脱抑制施策を行うことで、離脱しようとしたユーザーの10%がサイトに留まり購入したり、サイトから離脱後も、メールを活用したリマーケティング施策では48%のユーザーがメールを開封するという結果も出ています。つまり、ユーザーに適切なアプローチを行うことで、離脱率を下げ、購入率を向上することが可能ということがわかります。

近年、サイトユーザーと企業との関係性構築における接点や過程が多様化しています。ペンシル社では、顧客接点ごとにエンゲージメント(結びつき)をコントロールしていくという考え方「Customer Engagement Management = CEM(シーイーエム)」を提唱し、従来型のウェブ接客のセオリーである「幅広いユーザーにお得な情報を訴求する」という手法ではなく、おもてなしを重視し、購入意欲が高いユーザーや購入を迷っているユーザーのみに適切なお声がけをする「さりげない接客」こそが、エンゲージメントを高める接客であると考えているようです。

このような背景から、サイトを離脱しようとしているユーザーに対してのみ接客を行い、売上回復に貢献するサイト離脱抑制ソリューション「PLOTEGO」の提供開始に至ったとのこと。

PLOTEGOについて

PLOTEGOは、ウェブサイトの離脱抑制に特化したウェブ接客ツールです。20年以上に渡ってウェブサイトのコンバージョン向上に貢献してきたペンシルのサイト改善ノウハウとPDCA力、また、スマートチーターとの連動による分析機能によりクリエイティブを継続的に改善しながら、”サイトを一定時間閲覧した”、 “カートに商品を入れた”といった行動から判断する購入意欲が高いユーザーの離脱抑制に寄与します。

一般的なウェブ接客ツールでは、通常、導入企業に担当者を設置し運用を行う必要があるため、導入後の工数がかかってしまい、活用しきれていない企業も少なくありません。PLOTEGOは導入後の運用や改善をペンシルが担当するため、社内に担当者を設置することなく離脱抑制のキャンペーンを行うことがきます。利用料金はコンバージョン数に応じた成果報酬型のため、経済的にウェブ接客を導入することが可能です。

PLOTEGOの機能について

オンサイトエンゲージメント

カートに商品が入っている状態でブラウザのメニューバーやURLバーにマウスが移動したとき、また、アクティブでなくなったときなど、ユーザーがサイトから離れようとする際に、キャンペーン情報やベストセラー商品などを案内するスライドバナーを右側に表示し、ユーザーの購買行動を後押しします。動画による訴求も可能です。

プロモバー

ユーザーがサイトから離れようとする際に、ニュースやプロモーション、また、イベント情報などを案内するバナーを任意の場所に表示します。目を引くアニメーションやビデオなど動画による訴求やカウントダウンを表示してユーザーの注目を集めることも可能です。デザインを自由に設定できるため、サイトデザインに融合させることができ、販売促進とカート放棄からの売上回復を図ります。

Eメールリマーケティング

カート放棄後に、30分後・24時間後・48時間後など、設定した時間にカート内容のリマインダーをEメールで自動送信し、カート放棄からのコンバージョン率を向上させます。

サービス詳細、利用料金についてはコチラをご覧ください。

関連リンク




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。