PalledAd、OOH(屋外)広告をWEB広告ライクに運用できるマーケットプレイス「AdVice」Open β版をリリース

PalledAd、AdVice

最適なOOH広告のプランニングと注文をクイックに

株式会社PalledAd(本社:東京都台東区、代表取締役:安彦賢、以下パルダッド)は、ビルボードやポスター、デジタルサイネージなどのOOH広告の効果を可視化し、オンライン上でプランニングから注文まで可能なマーケットプレイス「AdVice」の Open β版を、2021年2月4日にリリースすることをお知らせいたします。

PalledAd、AdVice

OOH広告のマーケットプレイス「AdVice(アドバイス)」

従来のOOH広告(Out of Homeの略称、ビルボード、ポスター、デジタルサイネージ等に代表される屋外広告)は効果が不明瞭なため戦略的に広告キャンペーンをプランニングすることができず、なおかつ注文までのプロセスも煩雑で広告主や代理店が有効に活用するのは困難な広告媒体でした。

OOH広告のマーケットプレイス「AdVice」は、上記のOOH広告出稿時の課題を解決しWEB 広告への出稿フローと同様にOOH広告を運用できるサービスです。「AdVice」では広告キャンペーンの予算、ターゲットとなる性年齢、配信する地域 / 期間といった情報を入力するだけで自動的に、予算内でターゲットへのリーチ数を最大化するOOH広告のパッケージプランが提案されます。これによって多数の媒体を定量的な基準で投資対効果を比較でき、簡単かつ効果的にOOH広告を注文することができます。

PalledAd、AdVice

サービス利用イメージ​

PalledAd、AdVice

OOH広告を高精度で効果可視化

パルダッドは「AdVice」Open β 版のリリースに先だって、人流データ解析やVRアイトラッキングなどの技術を活用してOOH広告の効果(インプレッション)を可視化するアルゴリズム「AdRes」を独自に構築しておくことで、競合他者と比較して広告主や代理店がコストパフォーマンスに優れた媒体を注文しやすいマーケットプレイスを運用することが可能になっています。

サービス概要

OOH広告マーケットプレイス「AdVice(アドバイス)」
https://advice.palledad.com

<β版機能>
・ダッシュボード機能:これまでのOOH広告の注文状況とその成果をグラフや表によって定量的に確認することができます。
・広告キャンペーン作成機能:予算やターゲットを元に広告キャンペーンを作成することができます。
・媒体注文機能:投資対効果が最大化されるようにリコメンドされる媒体の組み合わせをもとにOOH広告をカートに追加して注文することができます。
・クリエイティブ入稿機能:注文した媒体に掲載する広告クリエイティブを入稿することができます。
・媒体一覧機能:注文可能な400以上のOOH広告媒体を一覧検索することができます。
・フィード機能:OOH広告やAdViceに関係する独自執筆の記事を参照することができます。

パルダッドについて

パルダッドは「みんなの広告でミライを豊かに。」をミッションとし、広告の力をより多くの人が使えるようにすることで、より多くのミライを豊かにすることを目指しています。Open Network Lab、青山スタートアップアクセラレーションプログラム、Plug and Play Japanなど著名アクセラーレーションプログラムに採択されたことを通じて様々なサポートを得つつ、今後は、自社サービスである「AdVice」やOOH広告の効果可視化事業を通じて、WEB広告のみでのマーケティング施策ではリーチしきれない層に顧客を拡大させていきたい企業のマーケターや広告代理店のプランナーが、OOH広告をクイックにかつ効果的に出稿することを可能にします。

関連リンク

株式会社PalledAd
OOH(屋外)広告をWEB広告ライクに運用できるマーケットプレイス「AdVice」β版をリリース




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。