マイクロアド、新広告プラットフォーム「UNIVERSE Ads」β版をリリース

2019年1月23日、株式会社マイクロアドは、データ爆発時代に対応した新広告プラットフォーム「UNIVERSE Ads」のβ版の提供開始を正式に発表しました。

概要

UNIVERSE Adsについて

マイクロアドはこれまで、マーケティングデータプラットフォーム「UNIVERSE」において約60 社を超えるデータプロバイダと提携し、国内最大規模の膨大な量のユーザーデータを集約・分析し、デジタルマーケティングへの活用を行ってきました。

「UNIVERSE Ads」はそれらの膨大なユーザーデータとシームレスに連携し広告配信へ活用することが可能になります。また、広告効果を最大化する新しい入札アルゴリズムを搭載し、従来よりも精度の高い広告配信が可能な新しいプラットフォームとなります。

この度、「UNIVERSE Ads」のβ版を2 月末にリリースし、特定の企業に対して限定的に提供を開始します。β版においては、新しい入札アルゴリズムの機能によって、各種KPI に対して、従来よりも精度の高い広告配信が可能になります。「UNIVERSE Ads」の事前テストにおいては、旧世代のプラットフォームと比較して、CTRが最大420%、CPC が最大515%改善する実績が出ています。

マイクロアドは、データ爆発時代における新しいマーケティングを、「UNIVERSE Ads」を通して実現していくとコメントしました。

詳細は関連リンクよりご確認ください。

関連リンク

4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。