DSP「Logicad」、米国Drawbridge社のクロスデバイス・デバイスマッチング技術と連携した広告推定配信を開始

Logicad

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下、SMN)は、DSP(*)「Logicad」において、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永竜夫)が資本業務提携する米国Drawbridge, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:カマクシ・シバラマクリシュナン、以下、Drawbridge)の「クロスデバイスマッチング技術」と連携した広告推定配信を、本日より開始いたします。

概要

近年スマートフォンの普及に伴い、多くのユーザーは、複数のデバイス(スマートフォン、タブレット、PCなどの端末)を所有し、生活シーンに沿ってWebサイトの閲覧を使い分けています。このようなケースが増えるなか、従来のWebサイトの広告配信については、デバイスごとに個々のユーザーであると判断し、広告表示の認知や効果改善を、別々に行っていました。

「クロスデバイスマッチング技術」は、異なるデバイスを利用する同一ユーザーを、CookieやIPアドレスなどのデバイス情報をもとに、高い精度で推定するものです。そのなかでDrawbridgeは、世界で33億デバイス以上のデータを保有する「クロスデバイスマッチング技術」のリーディングカンパニーとして、現在、国内外の多くの企業に導入されています。

今回の連携により、「Logicad」のビックデータ処理技術を通じて、リアルタイムに同一ユーザーの推定が可能となり、複数デバイスに対して、横断する同一ユーザーの利用に沿ったターゲティング広告の配信を実現できます。また他のデバイスにおいて、既にコンバージョンした同一ユーザーを除外することで無駄な配信を抑制することも可能となります。

Logicad

SMNは、今後も多様化する広告配信の要望に対して、積極的にサポートしていくことで、企業のデジタルマーケティングの最適化を支援します。

関連リンク

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社
DSP「Logicad」、米国Drawbridge社のクロスデバイス・デバイスマッチング技術と連携した広告推定配信を開始~独自のビックデータ処理技術により、リアルタイムに同一ユーザーの推定が可能に~

syncAD_logo

DSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)

2018年10月16日




2020年11月の月間ニュースランキングTOP10



2020年11月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年11月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。