フリークアウト、「消費者のコネクテッドテレビ利用状況と広告への態度変容傾向の調査」を実施

〜消費者のテレビ視聴における動画配信サービスの利用が全体の37%を占める〜

株式会社フリークアウト(本社:東京都港区、代表取締役:時吉 啓司、以下フリークアウト)は、「消費者のコネクテッドテレビ利用状況と広告への態度変容傾向の調査」を実施いたしました。その分析結果の概要を、広告主にご活用いただける情報としてまとめましたので、公開いたします。

これまでテレビデバイスへの広告配信といえば、テレビCMが市場を席巻しておりました。一方で、インターネットに接続されたテレビである「コネクテッドテレビ」が今、国内外で注目されております。日本においても消費者がコネクテッドテレビの広告に接触する機会が拡大しているなか、消費者のコネクテッドテレビ利用状況の実態と広告への態度変容傾向を明らかにするために、本調査を実施いたしました。

コネクテッドテレビ視聴環境のある消費者は57.8%、テレビでの動画サービスの視聴時間は一日平均約72分

今回、フリークアウトが行ったコネクテッドテレビ市場調査によると、コネクテッドテレビデバイスを利用している消費者は57.8%と、半数以上を占めるということがわかりました。また、コネクテッドテレビデバイスを利用している消費者のうち、テレビデバイスでテレビ番組を見ている時間が一日平均約122分に対して、テレビデバイスでインターネット動画サービスを見ている時間は一日平均約72分という結果を得ました。これまでは主にテレビ番組を試聴するために利用されていた「テレビ画面」は、テレビ番組に加えてインターネット動画サービスを日常的に試聴するデバイスへと変化していることが見て取れます。

フリークアウト、「消費者のコネクテッドテレビ利用状況と広告への態度変容傾向の調査」

テレビデバイスの広告は、購買のきっかけおよび好感度上昇度のいずれも1位

回答者の半数を超える56.1%の人が、商品やサービスを購入・利用するきっかけとなるのはテレビデバイスの広告と答え、好感度の上昇もテレビデバイスが他デバイスと比較して一番効果的であるという結果を得ました。「大画面 x 音声あり x 高画質動画」が特徴のテレビデバイスを通じた広告は、視聴者と効率的かつ効果的なコミュニケーションを図ることができ、商品やサービスの利用意向向上およびブランド好感度向上の観点で、スマートフォンをはじめとする他のデバイスと比較してより効果的であると考えられます。

フリークアウト、「消費者のコネクテッドテレビ利用状況と広告への態度変容傾向の調査」 フリークアウト、「消費者のコネクテッドテレビ利用状況と広告への態度変容傾向の調査」

上記調査結果は一部であり、完全版の調査結果は、以下URLよりダウンロードいただけます。
https://www.fout.co.jp/freakout/contact/document-fo/ctv/

フリークアウトが開発・提供するマーケティングプラットフォーム「Red」では、既存のモバイル/PCへのソリューションに加え、コネクテッドテレビへの広告配信・効果の“見える化”が可能です。「大画面 x 音声あり x 高画質動画」が特徴のテレビデバイスへの動画広告配信を通して、視聴者と効率的・効果的なコミュニケーションを行い、且つその広告効果を可視化することで、広告主の商品/サービスのブランド効果をより高めるためのサポートをいたします。

今後もフリークアウトは、コネクテッドテレビへの広告配信において最新技術を活用した製品開発を続け、テレビCMの補完とデジタル動画配信の新手法開拓の両面から、広告主のマーケティング活動をサポートしてまいります。

調査概要

調査主体:株式会社フリークアウト
調査対象 :fastask|15歳~69歳の男女
集計地域 :全国
調査方法 :インターネットリサーチ
調査時期 :2021年2月26日〜27日
有効回答数 :1100サンプル
調査実施機関 :株式会社ジャストシステム
集計方法:人口構成比に合うようウェイトバック集計を実施
※本調査結果については、当社が信頼できると判断した回答データをもとに作成しておりますが、当該調査結果の内容について、正確性、完全性を保証するものではございません。

株式会社フリークアウトについて

フリークアウトは、国内初のDSPをローンチしたマーケティングテクノロジーカンパニーです。ブランドマーケティング、認知拡大、需要喚起、顧客獲得、販促活動を最先端の独自機械学習エンジンによって効率化するマーケティングプラットフォーム「Red」、独自広告配信プラットフォーム開発・運用支援の「Red for Publishers」を提供しています。通信キャリア、航空会社、飲料メーカー、トイレタリー企業をはじめ15,000アカウントを超える顧客に当社プラットフォームをご活用いただいております。また、マーケティングテクノロジー領域での知見を活用したジオマーケティングプロダクト「ASE Ad」、「ASE Analytics」を提供し、流通・小売業の抱える様々な課題解決を支援しています。

関連リンク

株式会社フリークアウト・ホールディングス
フリークアウト、「消費者のコネクテッドテレビ利用状況と広告への態度変容傾向の調査」を実施 〜消費者のテレビ視聴における動画配信サービスの利用が全体の37%を占める〜




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。