DACとアイレップ、ECサイトの広告運用最適化プラットフォーム「Commerce Flow」へ独自機能を搭載

~Amazonタイムセールに合わせた「時間帯指定配信」で購買率が147%に向上~

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)と株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小坂洋人、以下アイレップ)は、negocia株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柴山 大、以下ネゴシア)が開発したECサイトにおける運用型広告最適化プラットフォーム「Commerce Flow(コマースフロー)」(※1)に新たな機能を搭載し、提供を開始しました。まずはAmazonのスポンサー広告を活用している企業を対象にサービス提供を開始し、企業のECマーケティングを支援してまいります。

背景と概要

生活者が日常的にECサイトを利用するようになった昨今、企業のマーケティング活動においてもその影響力は増しています。ECサイトで表示される運用型広告には、一般的な検索連動型広告と類似している面がある一方で、ECサイト毎に最適な広告入札戦略が異なります。また、ECサイトの運用型広告では、適切なキーワード精査や入札・日予算調整などの要素に加え、タイムセールや催事期を考慮した時間帯ごとの運用調整が重要であり、売上の最大化を図る鍵となります。

こうした状況に対応するため、DACおよびアイレップは、ネゴシアが開発したECサイトにおける運用型広告最適化プラットフォーム「Commerce Flow」の提供を開始いたしました。まずはAmazonで展開されているスポンサー広告を対象に、最先端のAIエンジンや時間帯配信機能等によって、業務の効率化とコスト削減、ならびに広告効果の最大化の実現を図ります。なお本ツールの時間帯配信機能は、DACおよびアイレップがネゴシアと共同開発した、DAC・アイレップ専用のオリジナル機能です。

■「Commerce Flow」の主な特長(https://solutions.dac.co.jp/commerce-flow

提供サービスイメージ

Commerce Flow、提供サービスイメージ

(1) レポーティングダッシュボード機能

・運用実績をリアルタイムに反映
・フィルターやタグ付けなど、多数の広告を管理する上で必要な機能の利便性向上
・利用開始から最長5年分のデータを保持し、過去分析等が可能

(2) 「Sophia AI」活用によるキーワードレコメンド/入札自動最適化機能

・独自アルゴリズム採用のハイブリッド型AIエンジン「Sophia AI」を搭載(※1)
・キーワード発掘・マッチタイプ変更を、「Sophia AI」がリコメンド
・キーワード毎の入札額を「Sophia AI」が自動調整し、広告パフォーマンスを向上

(3) 時間帯指定配信機能

・Amazon上のスポンサー広告管理に特化した、DACとアイレップが提供するオリジナル機能
・購買率が高くトラフィックの多い時間帯に1日の予算を多く投下するなど、時間帯をコントロールして配信に強弱をつける独自機能
※Amazonタイムセールでのテスト施策において購買率が147%に向上した例あり。(某飲料メーカー実績)

(4) スポンサーディスプレイ広告のAmazon Advertising API対応

・Amazon Advertising‎ APIの「Amazonスポンサーディスプレイ広告」開放に伴い、連携完了済み

DACとアイレップは、今後も引き続きネゴシアと連携しながら「Commerce Flow」の開発を続け、サービス強化に取り組んでまいります。Amazon広告に関しては、Amazon DSP Reporting APIへの対応や、配信・入札APIへの対応を予定しており、Amazonのベンダーセントラルやセラーセントラルのデータとの連携を目指しています。また、他の主要ECサイトへの対応も視野に入れ、企業のマーケティング活動を支援してまいります。

(※1)negociaプレスリリース(2020年9月28日):negocia、AIを活用したAmazon広告自動運用SaaS「Commerce Flow」を独自に開発。2020年9月28日よりAgency Edition(広告代理店向け)とVendor/Seller Edition(EC事業者向け)の提供開始。 https://negocia.jp/news/340/
*Amazon、Amazon.co.jp および Amazon.co.jp ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

https://www.dac.co.jp/
DACは、インターネット広告黎明期である1996年の設立以来、情報や生活のデジタル化とともに事業を拡大し、市場形成と業界成長を牽引してまいりました。
現在は、デジタルを軸とした広告・マーケティングビジネスを国内外で展開しています。コンサルテーションからプランニング、広告枠の仕入れ・販売、運用、結果解析までのトータル支援、メディアの特性を活かしたクリエイティブ制作、豊富なデータと高度なテクノロジーを掛け合わせたソリューション開発・提供や、グローバルなプロモーション支援などを行っています。
今後もDACは、”Empowering the digital future デジタルの未来に、もっと力を。” というミッションのもと、広告やマーケティングの新しい形の創造をリードし、新たな価値を社会へ提供し続けていきます。

株式会社アイレップ

https://www.irep.co.jp/
アイレップは、広告主のマーケティング成果を最大化する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンの SEM 領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業、そしてクリエイティブ事業を加え、高度なプランニングを展開することで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導く統合マーケティングエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。※アイレップは博報堂DYグループの企業です。

関連リンク

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
株式会社アイレップ
DACとアイレップ、ECサイトの広告運用最適化プラットフォーム 「Commerce Flow」へ独自機能を搭載




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。