DACのDMP「AudienceOne®」がCriteoと連携

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)は、自社で開発・提供するDMP「AudienceOne®」(※1)において、インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供する Criteo(クリテオ、本社:フランス、日本取締役社長:グレース・フロム、以下 Criteo)の広告配信ソリューション(※2)と連携を開始しました。これにより企業は、Criteoでの配信に際して「AudienceOne®」が持つオーディエンスデータを活用し、フルファネルへ対応したダイナミック広告キャンペーンを効果的に実施することが可能になります。

背景と概要

Criteoは、ディスプレイ型のダイナミックリターゲティング広告配信や、プロスペクティング配信などを提供する広告プラットフォーマーです。ユーザーの行動履歴や興味関心などを機械学習し、最適なタイミングで最適な広告配信面に対してパーソナライズされた広告の配信を行う、という強みを持っています。
一方、DACの「AudienceOne®」は、月間4.8億ユニークブラウザと1億以上のモバイル広告ID、2兆レコード以上の膨大なデータを保有し、そのデータを解析して高精度な3rdパーティデータを提供する国内最大級のDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)です。保有するデータには、「性年代」「年収」などのデモグラフィックデータや、約1,400種の興味関心データ(サイコグラフィックデータ) 、専門領域に特化した「AudienceOne®」パートナー企業から提供されたデータなどが含まれます。

Criteoによる広告配信では、CriteoのAIエンジンが行う機械学習により配信先を決定し、AIエンジンが最適と判断したユーザーに対し広告配信が行われています。
今回の「AudienceOne®」との連携により、企業は「AudienceOne®」が保有するデータを活用し、より細密なエリアの制御や、属性、趣味嗜好、購買行動等のデータを踏まえた動的なディスプレイ広告の配信が行えるようになり、潜在層への柔軟なターゲティングを実現します。例えば、「広告主の商材と同じカテゴリに関心があると推定されるユーザー」、「広告主の商品購入者に類似するユーザー」、「広告主の商品購入率が高い地域に住むユーザー」など、さまざまな潜在層に対し、広告配信を通したアプローチが可能になります。

DACは今後も、さらに多くのプラットフォームやソリューションと「AudienceOne®」とを連携させ、企業のマーケティング活動の最適化を支援することで、インターネット広告市場の発展に貢献してまいります。

(※1)Webサイトの行動データやCRM、広告配信結果、パネルアンケート結果などさまざまなデータを統合し、分析/可視化、また豊富な連携チャネルを活用した“新規顧客の獲得”から“既存顧客へのLTV向上”までを一気通貫で実現する高度なマーケティング環境の提供を可能にします。https://solutions.dac.co.jp/audienceone
(※2)ディスプレイ型のダイナミックリターゲティング広告配信「Criteo Dynamic Retargeting」の他、企業のCRMデータと連携して休眠顧客へのアプローチを可能とする「Conversion – Custom Audience(旧名称:Criteo Audience Match)」や、新規顧客の開拓を目的としたプロスペクティング配信「Criteo Customer Acquisition」などのフルファネルソリューションを提供しています。

関連リンク

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
DACのDMP「AudienceOne®」がCriteoと連携




8月の月間ニュースランキングTOP10



7月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している8月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。