【MMD研究所】2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査を実施

MMD研究所

MMD研究所は、フォトイメージングに関する情報を発信する、日本フォトイメージング協会(東京都調布市、会長:森永昭彦)と共同で、2021年2月5日~2月7日の期間で「2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査」を実施しました。
事前に、15歳~69歳の男女2,000人を対象に写真撮影を行う端末や頻度に関して調査を実施し、本調査では、事前調査で抽出したスマートフォンで月に2~3回以上写真を撮影する15歳~69歳の男女800人を対象にスマートフォンでの写真撮影や写真のプリント、また新年の挨拶に関することを聞いています。

【調査結果サマリー】

■ 写真撮影できる端末の所有の上位は「スマートフォン(Android他)、iPhone、コンパクトデジカメ」

■ スマートフォンで写真撮影したデータの保存、「スマートフォン本体」が89.5%、保存平均枚数は1032.9枚

■ スマートフォンで撮影した写真、「プリント経験がある」は48.6%

■ フォトブックの利用率は16.1% フォトブックの興味および購入意向を最も示しているのは20代で49.4%

■ 2021年の新年の挨拶44.6%が「年賀状」と回答、うち半数が「自宅で印刷」

■ スマートフォンの容量オーバーを防ぐために写真や動画を整理経験は66.6%、整理方法の上位は「必要性が低くなったデータを削除、似た画像の中から条件が良いデータのみ残す」

■ 写真撮影できる端末の所有の上位は
「スマートフォン(Android他)、iPhone、コンパクトデジカメ」

15歳から69歳の男女(n=2,000)に写真撮影できる端末の所有に関して聞いたところ、「スマートフォン(Android他)」が50.6%と最も多く、「スマートフォン(iPhone)」が45.1%、「コンパクトデジタルカメラ」が42.4%と続いた。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

続いて、週に1回以上写真を撮影するデバイスについて聞いたところ、「スマートフォン(iPhone)」(n=901)の75.4%、「スマートフォン(Android他)」(n=1,012)の60.9%、「タブレット」(n=574)の36.1%の順となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

■ スマートフォンで写真撮影したデータの保存、「スマートフォン本体」が89.5%、保存平均枚数は1032.9枚

スマートフォンで月2~3回以上写真撮影をしていると回答した人(n=1,717)を対象に、スマートフォンで撮影した写真や動画の保存方法について聞いたところ(複数回答可)、最も多かった回答は「スマートフォン本体」が89.5%と最も多く、次いで「microSDカード」が32.7%、「PC本体/外付けハードディスク」が29.7%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

スマートフォンで撮影した写真や動画の保存枚数を聞いたところ平均枚数が最も多かったのは「PC本体/外付けハードディスク」が2353.6枚、次いで「クラウド」で1663.3枚、「スマートフォン本体」が1032.9枚となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

■ スマートフォンで撮影した写真、「プリント経験がある」は48.6%

スマートフォンで月2~3回以上写真撮影をしていると回答した人(n=1,717)を対象に、スマートフォンで撮影した写真について聞いたところ、「プリントをしたことがある」が48.6%、「プリントをしたことがない」が40.8%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

スマートフォンで撮影した写真のプリント経験があると回答した人(n=834)を対象に、スマートフォンで撮影した写真のプリント方法について聞いたところ(複数回答可)、「自宅のプリンター」が46.9%と最も多く、次いで「コンビニの複合機プリンター」が22.7%、「写真店・家電量販店などのセルフプリント機」が21.6%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

■ フォトブックの利用率は16.1% フォトブックの興味および購入意向を最も示しているのは20代で49.4%

事前調査で抽出したスマートフォンで月に2~3回以上写真を撮影する15歳~69歳の男女800人を対象に、フォトブックについて聞いたところ、「利用したことがある」と回答した人が16.1%、「利用したことがない」が83.9%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

また、同対象者にフォトブックの購入意向を聞いたところ、39.4%が興味および購入意向を示していることがわかった。これを年代別で見ると、購入意向が最も高かったのは20代(n=156)で49.4%、次いで40代(n=173)が41.0%、10代(n=78)が37.2%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

■ 2021年の新年の挨拶44.6%が「年賀状」と回答、うち半数が「自宅で印刷」

スマートフォンで月に2~3回以上写真を撮影する15歳~69歳の男女800人に、2021年の新年の挨拶をどのように行ったかを聞いたところ(複数回答可)、最も多かったのは「年賀状」で44.6%、次いで「LINE」で35.4%、次いで、「メール」が10.0%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

新年の挨拶の方法のうち回答が多かった「年賀状」と「LINE」を年代別で見ると、「年賀状」での挨拶で最も多かった年代は60代(n=105)で66.7%、「LINE」での挨拶では10代(n=78)の57.7%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査 MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

前問で年賀状を出したと回答した人(n=357)を対象に、年賀状の印刷場所、注文方法を聞いたところ、「PCで作成してホームプリンターで自宅で印刷」が50.1%と最も多く、次いで「スマホからネットプリント業者に注文」が9.0%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

■ スマートフォンの容量オーバーを防ぐために写真や動画を整理経験は66.6%、整理方法の上位は「必要性が低くなったデータを削除、似た画像の中から条件が良いデータのみ残す」

スマートフォンで月に2~3回以上写真を撮影する15歳~69歳の男女800人に、保存した写真や動画が増え、スマートフォンの内部容量が一杯になってしまうことを防ぐために写真や動画を整理しているかを聞いたところ、「頻繁に整理している」が10.4%、「たまに思いついた時に整理している」が56.3%、「整理しない」が33.4%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

前問で写真や動画を整理していると回答した人(n=357)を対象に、整理方法を聞いたところ(複数回答可)「必要性が低くなったデータを削除する」が54.4%と最も多く、次いで「似た画像の中から条件が良いデータのみ残す」が33.4%、「データ容量がたくさん収まる場所に移す」が32.1%となった。

MMD研究所、2021年スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

注意事項
※こちらの調査情報は、調査実施者であるMMD研究所との提携により掲載しております。
※本ページ内で掲載している文章、及びその内容についての無断転載等は原則として禁止しています。
※データの利用、引用可否、調査データのついてのお問い合わせはMMD研究所まで必ずご連絡ください。

■ 関連リンク

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)
MMD研究所 プレスリリース
スマートフォンで写真撮影したデータの保存「スマートフォン本体」が89.5%、保存平均枚数は1032.9枚

MMD研究所 インターネット調査のご相談はこちら




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。