【MMD研究所】2020年1月 スマートフォン決済利用動向調査を実施

MMD研究所

MMD研究所は18歳~69歳の男女48,208人を対象に2019年12月26日~2020年1月5日の期間で「2020年1月 スマートフォン決済利用動向調査」を実施いたしました。調査結果は以下の通りです。

調査結果サマリー

■ 普段の支払い方法は「現金」91.8%、「スマホ決済」は半年前と比べて15.3ポイント増加

■ QRコード決済の認知は91.0%、内容理解は61.7%、現在利用は29.3%
QRコード決済の利用経験は半年前と比べて14.5ポイント増加

■ 認知のトップは、QRコード決済が「PayPay」、スマートフォンの非接触決済が「楽天Edy」

■ 利用検討のトップは、QRコード決済が「PayPay」、スマートフォンの非接触決済が「楽天Edy」

■ 利用経験のトップは、QRコード決済が「PayPay」、スマートフォンの非接触決済が「楽天Edy」

■ QRコード決済の利用開始時期は2019年後半からの利用が最多
スマートフォンの非接触決済は利用開始時期を覚えていない

■ 普段の支払い方法は「現金」91.8%、「スマホ決済」は半年前と比べて15.3ポイント増加

18歳~69歳の男女48,208人を対象に、普段の支払い方法について聞いたところ(複数回答可)、トップは「現金」で91.8%、次いで、「クレジットカード」が73.2%、「カード型の交通系電子マネー」が31.4%という結果だった。
2019年7月の調査と比較すると、「現金」は93.0%から91.8%と、1.2ポイント減少、「スマホ決済」は14.3%から29.6%と、15.3ポイント増加した。

MMD研究所

■ QRコード決済の認知は91.0%、内容理解は61.7%、現在利用は29.3%
QRコード決済の利用経験は半年前と比べて14.5ポイント増加

続いて、QRコード決済の認知・利用状況について聞いたところ、最も多かったのは「現在も利用している」で29.3%となった。次いで、「だいたいどんなものかわかるが、利用したことはない」で22.8%、「QRコード決済という言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・名前はよく知らない」で20.4%となった。

MMD研究所

これをファネル分析で見てみると、 「認知」は91.0%、「内容理解」は61.7%、「利用経験」は33.6%だった。
2019年7月の調査と比較すると、「認知」は84.8%から6.2ポイント増加、「内容理解」は47.6%から14.1ポイント増加、「利用経験」は19.1%から14.5ポイント増加した。

MMD研究所

同様に、スマートフォンの非接触決済の認知・利用状況について聞いたところ、最も多かったのは「現在も利用している」で25.2%となった。次いで、「だいたいどんなものかわかるが、利用したことはない」で22.7%、「全く知らない」で19.7%となった。

MMD研究所

これをファネル分析で見てみると、「認知」は80.3%、「内容理解」は56.2%、「利用経験」は28.6%だった。

MMD研究所

■ 認知のトップは、QRコード決済が「PayPay」、スマートフォンの非接触決済が「楽天Edy」

次に、QRコード決済のサービス名認知以上の対象者(n=34,041)に、知っているサービス名について聞いたところ(複数回答可)、サービス名の認知は「PayPay」が80.3%、「楽天ペイ」が63.2%、「LINE Pay」が61.3%という結果になった。

MMD研究所

同様に、スマートフォンの非接触決済のサービス名認知以上の対象者(n=32,177)に、知っているサービス名について聞いたところ(複数回答可)、サービス名の認知は「楽天Edy」が64.0%、「モバイルSuica」が51.7%、「iD」が41.4%という結果になった。

MMD研究所

■ 利用検討のトップは、QRコード決済が「PayPay」、スマートフォンの非接触決済が「楽天Edy」

次に、QRコード決済の利用を検討していると回答した人(n=2,559)に対して、具体的に検討しているサービス名を聞いたところ(複数回答可)、トップが「PayPay」で57.2%、次いで、「楽天ペイ」が31.3%、「d払い」が19.5%という結果になり、その中で最も利用を検討しているサービスを聞いたところ、トップは「PayPay」で42.3%だった。

MMD研究所
MMD研究所

同様に、スマートフォンの非接触決済の利用を検討していると回答した人(n=2,341)に対して、具体的に検討しているサービス名を聞いたところ(複数回答可)、トップが「楽天Edy」で43.6%、次いで、「モバイルSuica」が28.2%、「iD」が18.5%という結果になり、その中で最も利用を検討しているサービスを聞いたところ、トップは「楽天Edy」で37.8%だった。

MMD研究所
MMD研究所

■ 利用経験のトップは、QRコード決済が「PayPay」、スマートフォンの非接触決済が「楽天Edy」

次に、QRコード決済を利用したことがある人(n=16,174)に利用したことのあるサービスについて聞いたところ(複数回答可)、トップが「PayPay」で61.0%、次いで、「楽天ペイ」が31.7%、「LINE Pay」が28.7%という結果になった。

MMD研究所

次に、現在もQRコード決済を利用していると回答した人(n=14,115)に対して最も利用しているQRコード決済を聞いたところ、トップが「PayPay」で46.7%、次いで、「楽天ペイ」が16.4%、「d払い」が11.8%という結果になった。

MMD研究所

同様に、スマートフォンの非接触決済を利用したことがある人(n=13,778)に利用したことのあるサービスについて聞いたところ(複数回答可)、トップが「楽天Edy」で41.3%、次いで、「モバイルSuica」が31.0%、「iD」が26.0%という結果になった。

MMD研究所

次に、現在もスマートフォンの非接触決済を利用していると回答した人(n=12,128)に対して最も利用しているスマートフォンの非接触決済を聞いたところ、トップが「楽天Edy」で31.5%、次いで、「モバイルSuica」が21.6%、「iD」が18.1%という結果になった。

MMD研究所

■ QRコード決済の利用開始時期は2019年後半からの利用が最多
 スマートフォンの非接触決済は利用開始時期を覚えていない

現在もQRコード決済を利用していると回答した人(n=14,115)に対して、最も利用していると回答したサービスをいつから使い始めたか聞いたところ、「2019年7月~2019年12月」に使い始めたという回答が45.2%と最も多かった。

MMD研究所

同様に、現在もスマートフォンの非接触決済を利用していると回答した人(n=12,128)に対して、最も利用していると回答したサービスをいつから使い始めたか聞いたところ、「覚えていない」という回答が40.5%と最も多かった。

MMD研究所

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

調査のロウデータを販売しております
・ 販売商品:2020年1月 スマートフォン決済利用動向調査
・ 納品形式:調査票・ロウデータ・GT表(Excel)
・ 販売金額:300,000円(税抜)
・ 入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

注意事項
※こちらの調査情報は、調査実施者であるMMD研究所との提携により掲載しております。
※本ページ内で掲載している文章、及びその内容についての無断転載等は原則として禁止しています。
※データの利用、引用可否、調査データのついてのお問い合わせはMMD研究所まで必ずご連絡ください。

関連リンク

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)
MMD研究所 プレスリリース
スマホ決済利用、15.3ポイント増加、QRコード決済利用は14.5ポイント増加  利用トップ、QRコード決済が「PayPay」、スマートフォンの非接触決済が「楽天Edy」




2020年1月の月間ニュースランキングTOP10



2020年1月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。