【MMD研究所】2019年12月 iPhone・Androidシェア調査を実施

MMD研究所

MMD研究所は、15歳~69歳の男女9,753人を対象に2019年11月14日~11月18日の期間で「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」を実施いたしました。

調査結果サマリー

■メインで利用しているスマートフォンの利用率、「Android」は57.2%、「iPhone」は42.8%

■利用しているスマートフォンのメーカー「Apple」は42.8%、「ソニーモバイル」は17.6%、「シャープ」は12.1%

■メインで利用しているスマートフォンの利用率、「Android」は57.2%、「iPhone」は42.8%

スマートフォンを所有する15歳から69歳の男女9,753人を対象に、現在メインで利用しているスマートフォンについて聞いたところ「Android」が57.2%、「iPhone」が42.8%となった。

MMD研究所

2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」に聴取したスマートフォン利用者のみを再集計した結果、2018年と比較すると「Android」は3.9ポイント増、「iPhone」は3.9ポイント減となった。

MMD研究所

「Android」利用者と「iPhone」利用者の割合を性年代別に見てみると、20代~60代男性と30代~60代女性は「Android」の利用率が「iPhone」の利用率を上回り、10代男性と10代~20代女性は「iPhone」の利用率が「Android」の利用率を上回った。

MMD研究所

■利用しているスマートフォンのメーカー「Apple」は42.8%、「ソニーモバイル」は17.6%、「シャープ」は12.1%

スマートフォンを所有する15歳から69歳の男女9,753人にメインで利用しているスマートフォンのメーカーを聞いたところ、最も多かったのは「Apple」で42.8%、「ソニーモバイル」は18.4%、「シャープ」は12.6%となった。2018年に実施した「2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」と比較すると、「ソニーモバイル」が3.5ポイント、「シャープ」が0.5ポイント、「サムスン電子」が3.4ポイント、「HUAWEI」が1.4ポイント増え、「Apple」は3.9ポイント、「富士通」は1.6ポイント減となった。

MMD研究所

続いて、次回機種変更をするとき「iPhone」「Android」のどちらのスマートフォンにする予定かを聞いたところ、「iPhone」利用者(n=4,174)の89.2%が次も「iPhone」を、「Android」利用者(n=5,579)の79.8%が「Android」を購入する予定だと回答した。

MMD研究所

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

調査データを販売
・ 販売商品:2019年12月 iPhone・Androidシェア調査
・ 納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)       
・ 販売金額:70,000円(税抜)
・ 入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

注意事項
※こちらの調査情報は、調査実施者であるMMD研究所との提携により掲載しております。
※本ページ内で掲載している文章、及びその内容についての無断転載等は原則として禁止しています。
※データの利用、引用可否、調査データのついてのお問い合わせはMMD研究所まで必ずご連絡ください。

関連リンク

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)
MMD研究所 プレスリリース
メインで利用しているスマートフォンの利用率、「Android」は57.2%、「iPhone」は42.8%




2019年12月の月間ニュースランキングTOP10



2019年12月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2019年12月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。