VOYAGE GROUP、ブランド広告向けアドプラットフォーム「PORTO」に、オーディオ広告配信機能を拡充

porto_audio

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)は、提供するブランド広告向けアドプラットフォーム「PORTO(ポルト)」において、2019年5月、オーディオ広告の配信機能を拡充しました。これにより「PORTO」では、現在、オフラインで出稿されているラジオ広告と同じフォーマットでプログラマティック広告を配信することが可能となります。まずは、国内最大級のインターネットラジオサービス「radiko(ラジコ)」(※)への配信を開始し、その後、世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」への配信を開始いたします。

オーディオ広告配信機能について

今回、拡充したオーディオ広告配信機能では、適切な権利処理が行われた音声コンテンツを保有する媒体のみに限定して広告配信を行うため、広告主のブランドを毀損しない「ブランドセーフ」な環境で広告を配信することができます。また、各サービスにログインしたユーザーに向けて広告を配信するため、機械(bot)によって不正にインプレッションやクリックが消化されてしまう「アドフラウド(広告詐欺)」のリスクを限りなく減らすことも可能となり、安心・安全なプログラマティック取引が可能となります。

PORTOについて

「PORTO」は、ブランディングを重視する広告主向けに安心して出稿できるアドプラットフォームです。ブランド広告向けDSPとして多様なディスプレイフォーマットへの対応やVOYAGE GROUPが保有する独自データの活用、オンラインメディアの計測カスタマイズなどが可能です。現在、デジタル領域だけなく、テレビやOOH(OUT OF HOMEの略。屋外広告のこと)など、オフラインメディアを含む多様なプレミアムメディアフォーマットへの対応や、オンラインとオフラインを横断したリーチ管理、フリークエンシー管理の一元化などの実装向け、開発を進めております。

※「radiko」での広告配信は民放ラジオ局のうち実証実験実施中の局のみとなります。

「PORTO」の特長

(1)拡張可能な広告配信機能(delivery stack)
・ブランド広告向けのDSPとしてディスプレイ広告、オーディオ広告へ対応
・テレビ、OOHなど、オフラインメディアのフォーマットへの対応(開発中)
(2)データの拡張・統合性(audience stack)
・VOYAGE GROUPが保有する独自データの活用
・データアライアンスパートナーを含むデータの活用(順次拡充)
(3)アトリビューション(attribution stack)
・オンラインメディアの計測カスタマイズ
・オンラインとオフラインを横断したリーチ管理、フリークエンシー管理の一元化(開発予定)

関連リンク

株式会社VOYAGE GROUP
VOYAGE GROUP、ブランド広告向けアドプラットフォーム「PORTO」に、オーディオ広告配信機能を拡充 ~「radiko」、「Spotify」へオーディオ広告のプログラマティック配信を順次開始~




7月の月間ニュースランキングTOP10



7月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している7月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。