スパイスボックス、AI技術開発を行うAIQ社と資本業務提携

スパイスボックス AIQ

両社の技術・知見を融合し、SNSデータをマーケティングに有効活用する商品の共同開発を開始

ソーシャルメディア上で企業・ブランドの認知、好意形成を行う「エンゲージメント・コミュニケーション」事業に取り組む株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、プロファイリングAIでマーケットインサイトを分析し、LTVが高い潜在顧客の獲得を実現するAIQ株式会社(以下、AIQ社/本社:東京都千代田区、代表取締役 高松睦)と資本業務提携しましたので、お知らせします。また共同開発契約を締結し、当社のSNSマーケティングに関するノウハウとAIQ社のAI技術を融合したソリューションの研究及び開発を共同で行います。今後は両社の技術・知見を活かし、より精度の高いサービスの開発と業界の発展を目指して参ります。

スパイスボックス AIQ

<AIQ株式会社>

消費者インサイトの可視化により、個を大切にした企業と個人の繋がりを創出し、新しい体験を提供するインサイトマーケティングを行う。AI研究で著名な東京大学松尾豊研究室関係者で運営するDeep30との資本締結を行い、AI分野に関する技術面での助言等の支援を受ける等、AIの領域においても高い技術力を有する。

■株式会社スパイスボックスについて

企業やブランドへの好意、共感醸成を支援する、コミュニケーション・カンパニー。
2003年、日本初のデジタルエージェンシーとして創業。さまざまな企業のブランディング支援を幅広く手掛ける。ソーシャルメディア上で好意や共感を持って“生活者”に語られる”広告コミュニケーション、「エンゲージメント・コミュニケーション」施策の設計、提供が強み。

関連リンク

株式会社スパイスボックス
スパイスボックス、AI技術開発を行うAIQ社と資本業務提携 両社の技術・知見を融合し、SNSデータをマーケティングに有効活用する商品の共同開発を開始




2020年6月の月間ニュースランキングTOP10



2020年6月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年6月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。