キムラユニティーとスマートドライブがデータプラットフォーム領域で協業を開始

キムラユニティーとスマートドライブがデータプラットフォーム領域で協業を開始

~クラウド型車両管理システムKIBACOとMobility Data Platformが連携~

トータルカーマネジメントサービスを提供するキムラユニティー株式会社(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:木村昭二、以下「キムラユニティー」)と、モビリティデータを活用したサービスを提供する株式会社スマートドライブ(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:北川烈、以下「スマートドライブ」)がデータプラットフォーム領域での協業を開始し、新たなソリューションの開発を行うことをお知らせします。

キムラユニティーとスマートドライブがデータプラットフォーム領域で協業を開始

協業の概要

今回の協業では、キムラユニティーが提供するクラウド型車両管理システム「KIBACO」とスマートドライブが提供する走行データを取得・蓄積・解析する「Mobility Data Platform」とのデータ連携を行います。KIBACOが保有する豊富な車両情報と、Mobility Data Platformから得られる車両の利用状況や安全運転状況などのモビリティデータを掛け合わせることで、車両管理業務を行う企業の共通課題である業務効率化やコスト削減、安全運転の推進などの解決をトータルでサポートすることが可能となります。

キムラユニティーは、企業の車両管理業務を支援するトータルカーマネジメントサービスを提供しています。2020年4月から提供開始したクラウド型車両管理システム「KIBACO」は、車両調達~管理業務等の車両管理業務においてお客様が抱えるお悩み事を、長年のノウハウによる「構築・実行・検証・継続的な改善」によって解決を行えるものです。

スマートドライブは、2013年の創業以来、「移動の進化を後押しする」をコーポレートビジョンに掲げ、移動にまつわるモビリティサービスを提供しています。今回キムラユニティーと連携するMobility Data Platformは、スマートドライブ独自のデバイスに限らず、様々なデバイスから収集したモビリティデータを利活用できるサービスで、お客さま課題解決や新しいサービスの創出などにも役立てられています。

キムラユニティーとスマートドライブは、両社の知見と強みを活かし、車両管理を行う企業様の課題解決に向け協業ソリューションの開発・提供を目指し、連携を進めてまいります。

本プレスリリースの対象サービス:キムラユニティー

トータルカーマネジメントサービス
https://www.carmanagementservice.com
法人向けクラウド型車両管理システム KIBACO
https://kimura-kibaco.jp/

本プレスリリースの対象となる:スマートドライブ

走行データの取得・蓄積・活用 Mobility Data Platform
https://smartdrive.co.jp/mobility-data-platform/

関連リンク

キムラユニティー株式会社
株式会社スマートドライブ
キムラユニティーとスマートドライブが データプラットフォーム領域で協業を開始




2021年1月の月間ニュースランキングTOP10



2021年1月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。