Repro、東南アジアを皮切りに海外事業の本格展開を開始。国外初拠点としてシンガポールに子会社設立

Repro株式会社

~シンガポールを中心にインドネシア、インド、タイ、マレーシア、ベトナムなどでサービス展開~

世界59か国6,500以上の導入実績を持つCE(Customer Engagement)Platform Reproを提供するRepro(リプロ)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田 祐介、以下当社)は、このたび、初拠点としてシンガポールに子会社(Repro Singapore PTE. LTD.)を設立し、東南アジア諸国でのセールス&マーケティングを開始いたしました。

概要

当社は「企業と消費者のコミュニケーションを最適化する」というミッションのもと、CE(Customer Engagement)Platform Repro を5年間提供してきた結果、世界59ヵ国6,500を超えるクライアントに採用されるサービスまで成長いたしました。
こうした事実から、国外においてもニーズ及びマーケットが存在することを認識していました。また、特に東南アジアでは、近年モバイルが飛躍的に普及しており、画一的なマーケティングではなく、web・アプリでの行動や属性データをもとにそれぞれのユーザーに適したマーケティング施策を実行する必要性が高まっています。
そのため、今後市場の拡大が見込まれる東南アジア圏でのシェア獲得を目的とし、アジアの玄関口であり、ハブともなっているシンガポールに国外初拠点となる子会社を設立いたしました。

シンガポールを中心に、インドネシア、インド、タイ、マレーシア、ベトナムなど、周辺東南アジア諸国でマーケティング、セールス、カスタマーサクセス(CS)を展開します。
2021年末を目途にカントリーマネージャーを設置し、各国5~10名体制を構築していく予定です。

それぞれの国に合わせたマーケティング、セールス、CSを模索し、その国々に合ったデータ活用を支援することで、企業とユーザーが最適なコミュニケーションをとり、快適で豊かな生活を送ることができる世界を築けることを目指します。
これまで日本で培ってきたweb・アプリのマーケティングの実績とノウハウをフルに活かし、支援の場を広げてまいります。

Repro Singaporeについて

社名  :Repro Singapore PTE. LTD.
所在地 :ODEON TOWERS #02-01 331 NORTH BRIDGE ROAD, Singapore
設立  :2019年6月
資本金 :4,000万円

Reproについて

「Repro」は2015年にリリースした事業成長につながるカスタマーエンゲージメントを生み出すマーケティングプラットフォームです。現在世界59か国6,500以上(2019年4月時点)のサービスで利用されています。
web・アプリユーザーの行動・属性情報を分析し、ユーザーが動く最適な「体験」と「今」を見える化。分析結果からプッシュ通知・アプリ内メッセージ・webメッセージ・広告配信などのマーケティング施策を一気通貫して実行することができます。
また、よりエンゲージメントを生み出すため、AI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」では、マーケティングの自動化に向けた実証実験と開発を進めており、AIがアプリから離脱する可能性が高いユーザーを約90%の精度で予測することに成功。商用化も実現しています。

Reproは「企業とユーザーのコミュニケーションを最適化する」というミッションのもと、web・アプリのみならず、新たな領域のデータを連携させ、世の中のサービスとユーザーが結びつき、共創し合う最適な体験を実現できる世界を創ってまいります。

関連リンク

Repro株式会社
Repro、東南アジアを皮切りに海外事業の本格展開を開始。国外初拠点としてシンガポールに子会社設立




2020年11月の月間ニュースランキングTOP10



2020年11月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年11月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。