楽天とSQREEM社、新会社「楽天スクリーム株式会社」を設立

楽天スクリーム株式会社

AIによる行動パターン分析を軸としたデジタルマーケティングソリューションを開発

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)とSQREEM Technologies Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:イアン・チャップマン バンクス、以下「SQREEM社」)は、AIによる行動パターン分析を軸としたデジタルマーケティングソリューションを開発し、日本国内の広告主企業に提供する新会社「楽天スクリーム株式会社」(以下「楽天スクリーム」)を設立し、本日より営業を開始しました。

楽天スクリームとは

楽天スクリームは、楽天と、AIをベースとしたマーケティングソリューションを提供するSQREEM社が同社の日本部門SQREEM Technologies (Japan) Pte. Ltd. を通じて、共同で出資し設立した新会社です。新会社は今後、1億以上(注)の楽天会員に基づくデータ、およびSQREEM社の持つ行動パターン分析データを活用し、インターネット広告におけるメディアバイイング(広告枠の仕入れ)や消費行動の精緻な分析が可能となる様々なデジタルマーケティングソリューションを提供する予定です。これにより、複雑化した消費行動を明確に捉え、日本市場における広告パフォーマンスの改善を図ります。

SQREEM社は、シンガポールをはじめとするアジア各国において、オンライン上のオープンデータなど、膨大かつ複雑で人間では分析不可能な人々の行動と文脈、ロジック等を独自のAI技術と大量データの取得技術を組み合わせて収集・分析する「行動パターン分析プラットフォーム」を活用することで、個人の属性情報などに依存することのないマーケティングソリューションを提供しています。新会社は、SQREEM社のテクノロジーと楽天グループの消費行動分析データを組み合わせることで、今後日本市場において、より精度の高いデジタルマーケティングソリューションの提供を行います。

データを活用したマーケティングにおいては、2018年5月にEUで施行されたGDPR(一般データ保護規則)や2020年1月に米国カリフォルニア州で施行されたCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)などの個人情報保護に対する意識の高まりなどを受け、ユーザーデータの取り扱いへの配慮が一層求められています。楽天はこれまでも、楽天グループが蓄積するデータを活用したマーケティングソリューションの提供などにおいて個人情報の保護に取り組んできました。新会社においても関係法令を遵守し、オンライン上のオープンデータを分析することによって、個人の属性情報に依存しない方法でデジタルマーケティングソリューションの開発・提供を行うことで、ユーザーデータに配慮しながら、広告主企業に提供する広告パフォーマンスの最大化を目指します。

楽天とSQREEM社は今後、楽天スクリームを通じて、様々な広告主企業に対応した新たなデジタルマーケティングソリューションを提供してまいります。

(注)2019年9月末時点

■ 楽天スクリーム 概要

URL:https://rakuten-sqreem.co.jp/
会社名: 楽天スクリーム株式会社 (Rakuten SQREEM, Inc.)
所在地: 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
資本金: 1億円
出資比率: 楽天株式会社 51%、SQREEM Technologies (Japan) Pte. Ltd. 49%
設立日: 2019年10月25日
営業開始日: 2020年2月3日
代表者: 代表取締役社長 清水 竜元
事業内容: 楽天会員に基づく消費行動分析データおよびSQREEM社の行動パターン分析データを活用したデジタルマーケティングソリューションの開発・提供

■ SQREEM社について

SQREEM社は独自のAI技術を利用してインターネット上のオープンデータを収集・解析しデータベース化する世界最大規模の「行動パターンデータアグリゲータ」です。この技術を基に業界・業種を超えて様々な企業や政府機関にデータ解析のサービスを提供しています。詳細は以下をご参照ください。
https://sqreemtech.com/jp/

関連リンク

楽天株式会社
楽天とSQREEM社、新会社「楽天スクリーム株式会社」を設立




2020年2月の月間ニュースランキングTOP10



2020年2月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。