オプト、Reproと連携し「Repro × Handy CEM」を共同開発

オプト、Reproと連携し「Repro × Handy CEM」を共同開発

LTV向上につながるロイヤルティ育成支援を開始

デジタルシフトをリードする Innovation Agency 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、Repro株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田 祐介、以下 Repro)と連携し、顧客ロイヤルティを高め、LTV向上を支援する「Repro × Handy CEM」の提供を開始したことをお知らせいたします。

Repro × Handy CEM 共同開発の背景

これまでマーケティングにおける指標は、CPAやCVRといった獲得指標がKPIとして設定されがちでしたが、昨今、獲得後のロイヤルティを高め、LTV向上をKPIとして設定されるケースが増えています。しかし、Webやアプリでの行動や訪問者の属性などの定量データだけでは、ロイヤルティ向上に向けた施策の策定や、適切なKPIの設定が難しく、十分な対策を講じることができませんでした。

オプトでは、より良い購買体験や快適なサービスなどの付加価値を提供し、顧客のロイヤルティを高めていくことを目的に、2019年に「Handy CEM(ハンディシーイーエム)」を開発しました。「Handy CEM」は、「行動」と「心理」の二軸で顧客の特徴を分析/可視化し、ロイヤルユーザー育成のために必要なコミュニケーションを実現するためのソリューションです。

このたびのRepro社との共同開発により、カスタマエンゲージメントプラットフォーム「Repro」で保有するWeb、アプリユーザーの行動・属性データに「Handy CEM」が保有する定量データを掛け合わせ、従来以上に顧客理解を深めた上でプッシュ通知やアプリ内メッセージ、Webメッセージなどの配信ができるようになります。これにより、ロイヤルティの高いユーザー育成に必要とされるメッセージを最適なタイミングで届けることができるようになり、LTVの向上につながるロイヤルティの育成を実現していきます。

今後もオプトでは、テクノロジーの変化に素早く対応し、「Handy CEM」を始めとした独自ツールを開発・活用し、企業のマーケティング活動におけるデジタルパートナーとして、広告効果最大化のための企画および提案を行ってまいります。

*CEMとは、デジタル上で計測できるWebサイトの閲覧や購買だけではない、行動の裏にある心理や感情に着目したマーケティング手法です。より良い購買体験や快適なサービスなどの付加価値を提供することで、顧客のロイヤルティを高めていくことを目的としています。

関連リンク

株式会社オプト
オプト、Reproと連携し「Repro × Handy CEM」を共同開発




2020年7月の月間ニュースランキングTOP10



2020年7月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年7月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。