オプト、Amazon APIを活用したAmazon広告の運用自動化ツールを開発

opt Amazon API

自動入札・キーワードの自動精査により、広告の費用対効果向上を実現

デジタルシフトをリードするInnovation Agency 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、Amazonスポンサープロダクト広告における運用自動化ツールを開発し、提供開始したことをお知らせします。

背景と概要

Amazonスポンサープロダクト広告は、Amazon.co.jp内において、販売中の商品の広告を検索キーワード毎に入札し、掲載できるサービスです。しかし、ユーザーが検索するキーワードは数万規模にもおよび、広告効果を上げるには、GoogleやYahoo!などの検索連動型広告同様に、自社商品に関する多くのキーワードをコントロールし、運用を最適化させていく必要があります。

このたび開発した運用自動化ツールでは、目標(CPA、ROAS)に応じた入札価格をキーワード単位で自動最適化できるほか、登録キーワードを実績にもとづいて自動精査することが可能となります。なお、最適化は当社が開発したアルゴリズムにて行われます。

本ツールの導入により、PDCAをスピーディに回すことができ、広告効果の向上を実現してまいります。

opt Amazon API

当社では、2018年に企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署を立上げ(※)、Amazon関連広告の運用体制を強化してきました。本ツールの導入により、Amazonスポンサープロダクト広告運用のPDCAを高速化させることで、より広告の費用対効果向上を実現させてまいります。

今後もオプトでは、テクノロジーの変化に素早く対応し、企業のマーケティング活動におけるデジタルパートナーとして、広告効果最大化のための企画および提案を行ってまいります。

※オプトおよびグループ各社が持つAmazonに関するナレッジやサービス機能を集約・連携し、顧客企業のAmazonチャネルシフトの支援を目的に設置した組織。広告関連サービス、広告運用領域外のEC関連サービス、ソリューション開発、パブリッシャー支援まで全方向からご支援いたします。(https://www.opt.ne.jp/news/pr/detail/id=4414

※AmazonおよびAmazon.co.jpは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

株式会社オプトについて

オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していきます。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなります。

関連リンク

株式会社オプトホールディング
オプト、Amazon APIを活用したAmazon広告の運用自動化ツールを開発 ~自動入札・キーワードの自動精査により、広告の費用対効果向上を実現~




10月の月間ニュースランキングTOP10



10月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している9月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。