フォロワー数を水増ししているインフルエンサーや不正インフルエンサーを使ってキャンペーンを実施している企業を検知する「不正チェック」サービスをリリース

株式会社misosil(ミソシル)

SNSデータやインフルエンサー分析事業を展開する株式会社misosil(ミソシル)(所在地:東京都港区、代表取締役社長:木村 忠雅)は、本日より膨大なTwitter・インスタグラムの分析ノウハウを活用し、フォロワーを購入し、フォロワー数を水増ししているインフルエンサーの不正や、不正インフルエンサーを使ってキャンペーンを行っている企業を検知する「不正チェック機能」をSNS分析ツール「Tofu Analytics」のオプションとして提供を開始しました。

概要

SNSデータやインフルエンサー分析事業を展開する株式会社misosil(ミソシル)(所在地:東京都港区、代表取締役社長:木村 忠雅)は、本日より膨大なTwitter・インスタグラムの分析ノウハウを活用し、フォロワーを購入し、フォロワー数を水増ししているインフルエンサーの不正や、不正インフルエンサーを使ってキャンペーンを行っている企業を検知する「不正チェック機能」をTofu Analyticsのオプションとして提供を開始しました。

SNSを活用したインフルエンサーマーケティングは昨今注目されていますが、マーケティング担当者のリテラシー不足や悪質な代理店の影響で、フォロワー数至上主義的なインフルエンサー起用キャンペーンが横行しています。そのため、インフルエンサーはフォロワー数が多ければ報酬の高い仕事がもらえるということで、実態のない海外アカウントやbot等をフォロワーとして購入し、フォロワー数を水増しする不正インフルエンサーが見受けられます。

その結果、インフルエンサーマーケティングを実施した企業は想定した効果が得られないばかりでなく、インフルエンサーの先にいる一般消費者が騙されてしまうことに繋がりかねません。企業は事前にインフルエンサーのフォロワーをチェックすれば未然に不正を防げる可能性が高く、企業側にも責任があります。

そこで弊社は、SNS関連サービスの開発経験やAI(ディープラーニング)を応用した独自の不正検知ロジックを開発し、この度のサービス提供に至りました。

関連リンク

株式会社misosil(ミソシル)
フォロワー数を水増ししているインフルエンサーや不正インフルエンサーを使ってキャンペーンを実施している企業を検知する「不正チェック」サービスをリリース




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。