meyco、蓄積されたSNS運用戦略データを活用した内製化パッケージを開始

SNS広告からインフルエンサー活用、アカウント運用までをサポート

総合的にデジタルマーケティング事業を展開するmeyco株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本 真也)は、この度「SNS広告」「SNSアカウント運用代行」「SNSデータ分析」で蓄積されたユーザーのアクションデータ(フォロー、いいね、保存、リツイートなど)や広告効果に関するデータベースをもとに、広告主のSNS社内内製化・SNS戦略設計を支援する専門組織を立ち上げました。

事業立ち上げ背景

meyco株式会社、SNS運用内製化パッケージ

昨今、SNSユーザーは身近な人と交流するためのプラットフォームとしてだけでなく、ハッシュタグで情報を検索したり、インフルエンサーや企業に質問したりするプラットフォームへと急速に変化してきています。

2020年の国内ソーシャルメディアマーケティング市場規模は5,444億円で前年比107%、また2025年には1兆1,171億円に達すると予測されており、企業と消費者とのコミュニケーションや販売のチャネルとしての期待が更に高まっています。
※株式会社 翔泳社の調査に基づく

また、各種SNSでは新規機能が次々と追加され、Instagramのリール機能やTwitterのフリート機能のように動画機能も拡大され、SNSマーケティングはまさに転換期にあり、従来よりも詳細な設計とデータ分析、効果的なコマースとの連携を実施する必要があると認識しております。実際に当社の広告主も大手アパレルからD2Cブランドまで多様化しております。

総合的な支援が可能

当社はこれまでSNSマーケティングを含めた総合的なデジタルマーケティング支援を強みとし、数多くの企業様のSNS運用を支援して参りました。今回、上記の流れを受けて、「SNS広告」「SNSアカウント運用代行」「SNSデータ分析」で蓄積したフォロワーデータ及びいいね・保存数等の各種データを活用することで、広告主様のSNS社内内製化、SNS全体の戦略設計を支援して参ります。

また社内のLINE支援事業部、広告代理事業部、クリエイティブ部門との連携も図り、ブランドの認知獲得から獲得に至るまで一貫して支援することでSNSマーケティングに留まらない問題解決が可能となっております。

meyco株式会社 概要

meyco株式会社 概要

2018年に創業。現在「ヒトの可能性を証明する」というビジョンのもと、広告代理事業からソーシャルメディアマーケティング事業まで総合的に展開。今回立上げのSNS社内内製化支援事業では「SNS広告」「SNSアカウント運用代行」「SNSデータ分析」などSNS周辺領域のソリューションを一貫して提供。

関連リンク

meyco株式会社
【広告主のSNS全体の戦略設計を支援する専門組織を新設】meyco株式会社、蓄積されたSNS運用戦略データを活用した内製化パッケージを開始




2020年12月の月間ニュースランキングTOP10



2020年12月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年12月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。