メトロアドエージェンシー、東京メトロのデジタルサイネージとYahoo! JAPAN ブランドパネルの同時配信が実現

株式会社メトロ アド エージェンシー

交通広告とインターネット広告

東京メトロのデジタルサイネージとYahoo! JAPANブランドパネルの東京都23区エリア限定で、動画広告を同時配信できる広告メニューがスタート!

株式会社メトロアドエージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:肥後 謙一)は、東京メトロ主要駅のデジタルサイネージ広告をYahoo! JAPANブランドパネルの東京都23区限定配信に同時配信できる広告メニューの提供を開始した。

背景と概要

本メニューは東京メトロのデジタルサイネージに出稿する広告とYahoo! JAPANが展開している「チラシビジョン」の提携により提供されます。
今後5Gの普及が進み、動画広告の市場はますます拡大していく。ただ、複数メディアで動画広告を首都圏に展開する上で、予算や制作工数を課題とする企業も多い。

新たな広告メニューでは、従来のパッケージにないYahoo! JAPANブランドパネルの東京都23区限定配信、交通広告への配信が実現している。中小企業や大手企業の新規事業など限られた予算でのプロモーションでも首都圏へリーチし、認知拡大を図ることができる。「動画制作費」と「広告出稿費」を合わせて、価格は130万円(税抜)から。

■チラシビジョンとは

チラシやwebサイト用の静止画データを活用して動画広告を制作。動画素材がなくてもテレビCMやYahoo! JAPANのサイト上でweb広告として展開するパッケージサービス。
https://chirashi-v.com

関連リンク

株式会社メトロアドエージェンシー
東京メトロのデジタルサイネージとYahoo! JAPAN ブランドパネルの同時配信が実現




2020年2月の月間ニュースランキングTOP10



2020年2月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。