KIYONOの顧客データ統合ツール「MAGNET CDP」と、シンカーが提供するカスタマージャーニー分析AI「CASTORY」が連携を開始

MAGNET CDP に統合されたオンラインやオフラインデータから顧客の行動を時系列で分析しOMOを実現

データマーケティングを支援する株式会社KIYONO(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清野賢一、以下KIYONO)が提供する、顧客データ統合ツール「MAGNET CDP」は、株式会社シンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤原 瑛二)が開発・提供する、企業のデータマーケティング支援やカスタマージャーニー分析AI「CASTORY」と連携を開始しました。

今回の連携により「MAGNET CDP」に収集された顧客データを「CASTORY」で自動分析できるようになります。また、「MAGNET CDP」と連携しているツール群を利用し、「CASTORY」の分析結果を各種マーケティング施策へ活用することが可能となります。

KIYONOの顧客データ統合ツール「MAGNET CDP」と、シンカーが提供するカスタマージャーニー分析AI「CASTORY」が連携を開始

■今回の連携により実現する顧客データの活用

・顧客理解の促進

「MAGNET CDP」上に収集された顧客の年代・性別・地域・興味関心などの属性情報とCASTORYが自動分析した行動セグメント(行動パターンに基づくユーザー分類)を掛け合わせることで、より解像度の高い顧客理解が可能となります。

・マーケティング施策への活用

CASTORYの行動セグメント情報を「MAGNET CDP」経由で広告・MA・Web接客ツール等の各種マーケティングツールと連携することで、属性情報に加えて行動傾向も踏まえたマーケティング施策が可能になります。

■CASTORYとは

URL:https://castory.ai
【特長1】オンライン・オフラインにおける顧客の行動データを統合し、まとめて分析が可能
【特長2】行動傾向が類似する顧客を自動で分類し、行動上の問題点と改善インパクトを自動で分析
【特長3】顧客の一連の行動と分析結果を合わせてカスタマージャーニーと して可視化
オンラインデータだけではなくオフラインデータも全てまとめて自動で分析し、顧客の一連の行動をカスタマージャーニーとして俯瞰して捉えることができるようになります。CASTORYによる分析結果に基づき、カスタマージャーニー上の重要な接点と行動を特定することで、顧客への最適なコミュニケーションをとることが可能になります。

CASTORYとは

■株式会社シンカーについて

株式会社シンカーは「ひととデジタルの関係性を最適化する」をミッションに、データ分析によるマーケティング活動の最適化と顧客体験の改善を目的として2017年7月に設立されました。業種・業態を問わず、様々な企業でのDX支援の実績を有しており、CDP/DMP/BI等のデータ分析環境の構築から広告/MA等の各種施策との連携・運用まで、幅広くデータマーケティングを支援しています。また、コンサルティングナレッジを集積した独自AI開発も推進しており、企業と生活者がより良い体験で結ばれる社会の実現に寄与していくことを目指しています。

■株式会社KIYONOについて

2017年1月の設立以降、CDP/MA等のインプリ、コンサル、運用支援などデータマーケティング全体のご支援を推進し、2019年には日本オラクルより最優秀パートナー表彰されるなど、CDP/MA導入におけるリーディングカンパニーです。また、2020年8月には住友商事株式会社の100パーセント連結子会社であるSCデジタルメディア株式会社から出資を受けたことでより強固な体制と、多数のお客様のCDP/MA導入で培ったノウハウをもとに「MAGNET CDP」を活用したOne to Oneマーケティングを推進して参ります。
「MAGNET CDP」
URL:http://magnet-dx.com/

■関連リンク

株式会社KIYONO
株式会社シンカー
KIYONOの顧客データ統合ツール「MAGNET CDP」と、シンカーが提供するカスタマージャーニー分析AI「CASTORY」が連携を開始




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。