いろいろ株式会社が「広報・PRの家庭教師」フランチャイズに加盟。九州の中小企業向けPR支援サービスを提供し、攻めの広報担当者を育成

いろいろ株式会社 x 株式会社シプード

〜認知度向上セミナー開催、ゼロから広報を始め半年でテレビや新聞等全国メディアに掲載された地方企業事例を解説〜2021年3月17日(水)16:00〜17:00 @オンライン(Zoom)

企業の広報・PR活動を支援する株式会社シプード(本社:東京都港区、代表取締役:舩木 芳雄・舩木 真由美、以下「シプード」)と企業の事業開発を支援するいろいろ株式会社(所在地:福岡県福岡市、代表取締役:青木大一郎、以下「いろいろ社」)は、シプードが提供する業界初の「広報・PRの家庭教師」サービスのフランチャイズ制度「広報・PRフランチャイズ制度」にいろいろ社が加盟し、2社共同で九州地方を中心とした中小企業向けに広報・PR支援をスタートすることをお知らせします。
これにより、両社は九州地方の企業への広報・PR支援を強化し、認知度向上、ひいては地方創生に貢献していきます。また第一弾として、3月17日(水)16時より、九州地方の企業向けに認知度向上のためのオンラインセミナーを開催します。

【イベント詳細:https://iroiro-shipood.peatix.com

いろいろ株式会社 x 株式会社シプード

■「新しい生活様式」の中で新たに注目される認知向上手法「広報・PR」について

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の流れで、飲食業や観光業をはじめとした多くの企業において売上が減少しています。また、人々が不要不急な外出を控える「新しい生活様式」の中で、自社の商品やサービスを知ってもらうためには、従来の手法に加え新たな認知獲得の流れや顧客獲得手法が求められています。
そんな中、従来型の広告に加え、新たに「広報・PR」という手法が注目されています。「広告」は、費用をかけて「広告枠」を購入し、企業が伝えたいことを一方的に発信するスタイルですが、「広報・PR」は、世の関心事である「企業としての姿勢」や「新しい取り組み」などを企業がメディアに向けて発信し、情報を受け取った記者が報ずるに値する内容だと判断したものを「新聞記事」や「テレビ番組」で紹介する流れです。
「広告」は企業による主観的な情報発信ですが、「広報・PR」は記者が目利きした情報として発信されるため、客観的な情報として読み手に伝わり、共感を得やすく良い反響につながりやすい点が特長で、企業が広報・PRをマーケティングに活用するケースが昨今増加しています。
一方、企業の広報・PR支援を専業で取り組む企業は首都圏、特に東京に集中しているのが現状です。そのため、地方企業は東京の広報・PR支援企業に依頼するか、自社で取り組むしか選択肢がないため、なかなか広報活動を積極化できない現状があります。

■業界初の「広報・PRの家庭教師」サービスについて

シプードは、企業に広報・PRノウハウを伝授する国内初の「広報・PRの家庭教師」サービスを2014年より展開し、130社以上の企業の情報発信を支援してきました。また、地方企業の広報支援強化を実現する仕組みとして、これまで培ったシプードの経験と広報・PRノウハウをパッケージ化し、2020年10月より業界初のフランチャイズ制度として「広報・PRフランチャイズ制度」をスタートしました。
これまで、学校法人向けにITソリューションの提供や教師のキャリア支援を行う一般社団法人国際エデュテイメント協会や、6次産業ビジネスを展開する株式会社ゲイト、東北地方を中心に地方企業の情報発信担当者を育成する一般社団法人情報発信スタディ協会が加盟するなど、業界やエリアに注力した広報・PR支援を始動しています。

■福岡に拠点を構える「いろいろ株式会社」によるフランチャイズ参画について

いろいろ株式会社は、2018年6月創業の事業をデザインする会社です(創業時の社名は株式会社いろいろ)。「事業をデザインし、良い事業、うまくいく事業をふやす」をミッションに掲げ、福岡と東京を拠点として、事業開発/推進や資金調達などの企業成長を実現するための活動のハンズオン支援を行っています。
これまで、小売り、環境、エネルギー、DX、保育、スポーツ、アパレルなど、九州や首都圏の20社以上の事業をデザインし、事業開発だけでなく、事業戦略策定、マーケティング、開発、資金調達など、いろいろな領域の支援を担当してきました。
シプードとは企業・サービスのブランディング強化のプロジェクトで協業し、シプードの持つ広報・PRに関するノウハウ、広報・PRの「家庭教師」としての献身的な取り組み姿勢、自走する広報・PR組織の確立を目指すサービスのコンセプトに共感し、いろいろ社の「事業をデザインする」活動の1つとして提供すべく、フランチャイズ参画にいたりました。

■いろいろ株式会社 代表取締役 青木大一郎 氏 コメント

いろいろ社は良い事業、うまくいく事業をふやすため、事業をデザインする会社です。
シプードの提供する「広報・PRの家庭教師サービス」のフランチャイズ参画で、シプードの培ってきた「広報・PR」のノウハウを活用し、いろいろ社の顧客企業、顧客企業の事業やサービス/商品の価値を広く知ってもらうため、広告などを中心としたマーケティングだけでなく、「広報・PR」という選択肢を持てることがとても嬉しいです。
いろいろ社は、事業開発という文脈の中で、意識的に「広報・PR」を強化することの意義は、広く知ってもらうということはもちろんですが、その過程において、企業や組織、事業やサービスの持つ価値を改めて定義し直すことだと考えています。
どんな夢を見て、どんな想いを持って、事業を創り、顧客に価値を届けようとしているか、僕たちに聞かせてください。

■九州地方の企業向け広報・PRセミナーについて

・セミナー名:広報・PRセミナー、報道関係者と良い関係を築き、認知を高める方法を伝授
・日時:2021年3月17日(木)16時〜17時
・形式:Zoomオンライン開催
・費用:無料
・URL、参加申し込み:https://iroiro-shipood.peatix.com
・対象:九州地方に所在する企業の経営者や事業責任者、マーケティング・広報・PR担当者
・当日のプログラム:1)集客や認知向上に効く「広報PR」とは
2)ゼロから広報を始め、半年で全国メディアに掲載された地方企業の成功事例
3)いま地方企業が取り組むべき「広報・PR」について
・登壇者:いろいろ株式会社 代表取締役 青木大一郎 氏
株式会社シプード 代表取締役 舩木芳雄 氏

登壇者プロフィール

いろいろ株式会社 代表取締役 青木 大一郎 氏
2004年にアクセンチュア株式会社に入社、製造業/インフラ業の業務/システム再構築等に従事。その後、独立系コンサルティング会社の立ち上げに参画。ポストM&A期の全社業務の再構築、新規事業立ち上げ等のプロジェクトなどを経て、事業会社に転じ、上場企業の戦略子会社にてweb広告媒体の運営、ミドルオフィス部門立ち上げ、人材関連サービスの事業責任者等に従事。いろいろ社創業までに、取締役としてベンチャー企業2社の立ち上げを経験。

株式会社シプード 代表取締役 舩木 芳雄氏
株式会社メンバーズに入社後、ウェブマーケティング戦略コンサルティング業務に従事。上場を経験し、事業部長時代には事業構造の抜本的な見直しと改善に取り組む。また、経営3カ年計画の策定と実行を担い、持続的な売上拡大と高収益創出の経営基盤作りに貢献。2011年、株式会社シプード設立後は、ウェブ、法人営業など幅広い分野でコンサルティングに従事するほか、広報・PR家庭教師として主にBtoBのスタートアップ企業の広報担当者を支援。クライアントの課題を汲み取り、メディア視点に立った本質的なPR戦略立案から企画実行までの計画が得意。WebやB2Bセールスを絡めた全体的なマーケティング戦略の立案も可能。

■業界初の広報・PRフランチャイズ制度概要

広報・PR支援に取り組みたい企業やフリーランス(個人事業主)が、シプードがこれまで都内130社を中心に展開してきた広報・PRノウハウを生かし、加盟金など初期費用無料で広報・PR支援事業に参入できる制度です。
・提供開始日:2020年10月13日(火)
・費用:
-初期費用無料
-ロイヤリティ(成功報酬):売上の50%
・契約期間:1年/以降1年毎の自動更新
・対象:広報・PR支援に取り組みたい企業や独立したい個人(フリーランスや個人事業主など)
・申し込みURL:https://shipood.com/contact/
・申込方法:

  1. webサイトから申込
  2. オンライン面接
  3. 審査
  4. 合否連絡
  5. 契約書締結

■いろいろ株式会社 会社概要

所在地:福岡県福岡市中央区渡辺通5‐14‐12 南天神ビル3F
設立:2018年6月
代表取締役:青木大一郎
主な事業内容:事業のデザイン
URL:https://iroiro-corp.com/

■株式会社シプード 会社概要

会社名:株式会社シプード
代表者:代表取締役 舩木 芳雄・舩木 真由美
設立:2011年2月21日
所在地:東京都港区高輪3-25-29 THE SITE ROOM3
資本金:1,000万円
事業内容:
企業向け広報・PR支援「広報・PRの家庭教師」事業
クラウド記者クラブ「PRONE(プロネ)」事業の開発・運営
広報・PRの家庭教師「フランチャイズ」事業

■シプードのサービス概要

1)「広報・PRの家庭教師」サービス概要

URL:https://shipood.com/public-relations-tutor-service/クライアント企業内の広報未経験人材を育成し、企業内に自走する広報組織の立ち上げや、企業のIPOサポートを手がけている。これまで属人的に仕事が進むことが多かった広報・PR業界において初めて、業務を体系立てて整理し、見える化した点が特長。業務をタスクまで分解し、クラウド上で進行管理しながらOJTでクライアント企業の広報・PR業務をサポートしている。サービス開始から7年でスタートアップ企業中心に約130社以上の広報・PR担当者を育成。

2)クラウド記者クラブ「PRONE(プロネ)」概要

URL:https://prone.jp
広報・PR活動に取り組みたい企業と、効率的に情報収集したい記者のために開発された、スマートフォンやパソコンからいつでもどこでも利用できるクラウド型記者クラブサービス。記者へのプレスリリース配信のほか、記者からの情報募集に対して、自社のニュースやサービスの情報をエントリーすることや、プレスリリースにはしづらい、自社のユニークな取り組みなどを何度でも発信できることが特徴。
提供開始は 2019年7月 (利用無料)

■関連リンク

株式会社シプード
福岡市の「いろいろ株式会社」が「広報・PRの家庭教師」フランチャイズに加盟。九州の中小企業向けPR支援サービスを提供し、攻めの広報担当者を育成




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。