DMP最大手のインティメート・マージャー、 eギフトサービスを展開するギフティとデータ連携~LTVの事前判定を開始~

2019年2月7日、DMP専業最大手のデータマーケティングカンパニーである株式会社インティメート・マージャー(以下IM)はeギフトサービス(※2)を展開する株式会社ギフティ(以下ギフティ)と連携し、広告主企業が自社サイト上でキャンペーンを行う際に、サイト来訪者のLTV(ライフタイムバリュー)を事前に判定し、キャンペーンのターゲティングを精緻化するサービスの提供を開始したことを発表しました。

概要

リリース内容について

従来、WEB上でキャンペーンを行ってきた広告主企業においては、キャンペーンの効果が見込めるロイヤリティの高いサイト来訪者にのみ割引券等を発行したいニーズがありましたが、すべてのサイト来訪者を対象として一律に実施しているのが現状でした。

今回、法人向けデジタルチケットサービス「giftee for Business」を展開するギフティとの連携により、IMが保有する約4.7億件のオーディエンスデータに基づき、サイト来訪者のロイヤリティを事前に判別することにより、キャンペーン対象者の選定を可能にするサービスを提供開始しました。これにより、キャンペーン予算の効率的な運用が可能になります。

今後は、「giftee for Business」内のソリューションの1つである「giftee campaign platform」と連携し、twitterやLINEを介しギフトを配信する仕組みを適用します。また、サンプリングを行うメーカーや、実店舗への来店促進を行いたい自動車メーカーなどの広告主企業を中心に展開し、データを活用したマーケティングによる顧客獲得単価の改善に貢献していくとコメントしました。

補足

※1 ダイナミックデータ:端末に紐づいている情報から、対象の興味関心をリアルタイムに収集・解析し、活用するデータ。

※2 オンライン上でデジタルのギフトチケットを購入して送り、そのチケットを店頭で商品と引き換えることができるサービス。

※3 企業のデジタルマーケティング施策を支援する法人向けソリューション「giftee for Business」のサービス。

詳細は関連リンクよりご確認ください。

関連リンク




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。