D2C Rの「ART DMP」、アプリ内の主要KPIを可視化する ダッシュボード機能「ART Analytics」を追加

2019年1月31日、株式会社D2C R(代表取締役社長:岡 勇基、以下D2C R)は、自社が提供するスマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART(アート)DMP(ディエムピー)(※1)」に、SDK(※2)で計測したアプリ内の主要KPIを可視化して分析するためのダッシュボード機能「ART Analytics」を追加したと発表しました。

概要

ART DMPについて

近年、アプリをダウンロード後に使わなくなった、またはアンインストールした離脱ユーザを対象に再度利用を促す目的で配信するリテンション広告の活用が拡大しています。「ART DMP」は広告代理店や広告効果測定ツールに縛られることなくワンストップで高度な広告配信を可能にするサービスとして、スマートフォンアプリ企業にご利用いただいております。

新機能「ART Analytics」について

このたび新たに追加した機能により、SDK(※2)で計測したインストール数・広告媒体ごとの継続率・ファネル分析などアプリマーケターが主要KPIとする切り口を「ART DMP」内でグラフィカルに可視化することが可能となるようです。

これまでは、計測SDK単体では可視化しにくい様々な指標があるため、アプリ内の状況を把握するために時間がかかる、取得できないデータがあるなどの課題がありましたが、今回の機能追加によってアプリ内の主要データを分かりやすく、手軽に分析することができます。

ART Analyticsは、ART DMPをご利用いただいている企業向けのサービスであり、代理店をご利用の企業だけでなく、インハウスでプロモーションをおこなっている企業のアプリマーケターにもご活用いただけるサービスとのことです。

D2C Rはリテンション広告に注力しており、今後も「ART DMP」の新機能の開発によりサービスの利便性を向上させていくとコメントしました。

※1:DMP(Data Management Platform)とは、WEB上のあらゆる大量のデータを蓄積・分析し、広告配信等での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと。

※2:SDK(Software Development Kit)とは、ソフトウェアを開発するために必要な技術文書やツールなど一式を指す。

詳細は関連リンクよりご確認ください。

関連リンク




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。