サイバーエージェント、店舗サイネージ配信プラットフォーム「ミライネージ」の提供を開始

サイバーエージェント、店舗サイネージ配信プラットフォーム「ミライネージ」

■店舗のメディア化により小売業界の広告事業を支援

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)はAI事業本部の小売DXセンターにおいて、小売業向け店舗サイネージ配信プラットフォーム「ミライネージ」の提供を開始したことをお知らせいたします。

「ミライネージ」は、小売店舗に設置したサイネージのネットワーク化により、店舗のメディア化を実現する小売業向け店舗サイネージ配信プラットフォームです。
小売店舗は本プラットフォームの導入により、サイネージを活用した店舗独自のメディア媒体を創ることで、商品の販促による収益に加えて広告収益という新しい収益モデルを構築することができます。また、これまで可視化が難しかった小売店舗での店舗内販促効果の分析が可能となります。

サイバーエージェント、店舗サイネージ配信プラットフォーム「ミライネージ」

■提供機能について

1. 高画質クリエイティブに対応したコンテンツ配信管理

クラウド上で配信コンテンツ管理やスケジュール設定が行え、店舗に関わらずサイネージ単位での配信設定が可能です。また、動画・静止画ともに4Kに対応しており、高画質なクリエイティブを安定した環境で配信できます。

2. 視聴データ分析・外部データと連携したレポーティング

サイネージとAIカメラの組み合わせにより、サイネージ毎の視聴人数、視聴時間を計測し、データ分析およびレポーティングを行います。POSデータなどの外部データと連携することで、効率的にサイネージの効果分析を行うことができ、より視られるコンテンツの提案および運用が可能です。

また今後も、クリエイティブフォーマットの自動生成や運用自動化、案件・スケジュールの最適化を可能とするAIレコメンドエンジンの搭載など、継続的な機能アップデートを進めてまいります。

「ミライネージ」では、小売業界におけるデジタル化を推進し、小売店舗における販促オペレーション業務の効率化や、「店舗のメディア化」による収益最大化および新しい顧客体験と実店舗の価値創造に貢献してまいります。

■関連リンク

株式会社サイバーエージェント
店舗のメディア化により小売業界の広告事業を支援 店舗サイネージ配信プラットフォーム「ミライネージ」の提供を開始




2020年6月の月間ニュースランキングTOP10



2020年6月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年6月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。