次世代アドテクノロジー企業CHEQ、新プロダクトをリリースし、検索広告におけるフラウド対策領域へ進出

CHEQ JAPAN株式会社

CHEQ JAPAN株式会社(本社:CHEQ AI Technologies Ltd. イスラエル、以下CHEQ)はこの度、検索広告のフラウド対策を実現する、新プロダクトをローンチいたしました。
これにより従来のディスプレイ広告の安全性対策(アドベリフィケーション)に加え、検索広告の安全性担保の領域へ進出いたします。

◆新プロダクト提供開始の背景

今回の新プロダクトは、4回に1回が不正クリック(※1)とも言われるPPC(Pay Per Click)広告への不正防止対策として開発されました。
PPC広告はクリックするだけで課金となるため、不正クリックが生まれやすく、その種類もクローラー等の単純なものから、DDoS攻撃等高度なものまで多岐に渡ります。
また、たとえ不正クリックであっても一度サイトを訪問した履歴が残ると、その後リターゲティング広告の対象となる場合も多く、PPC広告から派生するリターゲティング広告までフラウドに長期に渡り不要な投資をしてしまう可能性が指摘されています。
このような、クライアントサイトへ訪問する「偽」ユーザーを把握、排除することを目的として本プロダクトは開発されました。

◆新プロダクトの特徴

1. サイトへタグを設置するだけのシンプルなインテグレーション
2. Google Analytics等との連携による不正オーディエンスリストの自動生成
3. IPアドレス、検索キーワード等を含むフラウドの詳細なログデータの提供

◆新プロダクトの概要

CHEQタグを広告主サイトに設置することで、日々流入する全トラフィックを分析し、不正クリックのデータを蓄積、管理いたします。また、そのデータを活用してGoogle Analytics等で不正オーディエンスリストを作成、検索広告・リターゲティング広告から配信除外設定を行うことが可能です。

<配信の流れ>
CHEQ JAPAN株式会社 ※1…CHEQ調べ

◆CHEQについて

世界的なサイバーセキュリティ会社であるCHEQは、高度なAI 自動制御技術を用いたブランドセーフティのパイオニアで、世界有数のブランドに対するデジタル広告の支出を保護しています。
東京、ニューヨーク、およびテルアビブにオフィスを構え、ミリタリーグレードのAIを導入してブランドの安全性、広告詐欺、およびビューアビリティについて革新的なソリューションを展開、アドベリフィケーションのテクノロジーを変革しています。
バッテリー・ベンチャーズによる支援を受け、オンライン広告のリスクから広告主を保護すると共に、デジタル広告スペースの信頼を回復することによって、デジタル・エコシステムの保全に寄与することを企業ミッションとしています。

関連リンク

チェク・ジャパン株式会社
次世代アドテクノロジー企業CHEQ、新プロダクトをリリースし、検索広告におけるフラウド対策領域へ進出。




11月の月間ニュースランキングTOP10



11月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している11月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。