CCI、デジタル広告のビジネス・インテリジェンスサービス「lake.」を開発 広告プランニング、レポーティングの業務負荷を軽減

CCI lake

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI) は、デジタル広告業務をサポートするツール「lake.(レイク)」を開発し、提供を開始致します。

背景

現在のデジタル広告は、様々なメディアおよびDSP等のアドプラットフォームを複雑に絡み合わせた出稿を行うため、広告のプランニングならびにレポートデータの集約や整理が非常に煩雑になっております。「lake.」はそのような業務の負荷軽減を実現するために、開発されました。

「lake.」の主な機能

① 広告レポートの一元管理
複数のメディアやアドプラットフォームで別々に出てくる自社の出稿データを、一元表示するダッシュボード、およびExcelでのレポート抽出機能を実装。煩わしい業務負荷を大幅に低減致します

② 広告出稿データの提供
マーケティングプランにおけるニーズに応じて、CCIが保有する膨大な広告出稿データを、媒体・プラットフォームの単位で提供。プランニングのクオリティ向上に貢献します。

「lake.」は、レポーティング機能については基本無料(一部有償)で提供致します。

lake.サービスサイト
https://lake-foundation.cci.co.jp/top/

関連リンク

株式会社サイバー・コミュニケーションズ
CCI、デジタル広告のビジネス・インテリジェンスサービス「lake.」を開発 広告プランニング、レポーティングの業務負荷を軽減




8月の月間ニュースランキングTOP10



7月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している8月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。