AppsFlyer、広告代理店向けのモバイルアトリビューションに関する認定制度「SPP」、サイバーエージェント、セプテーニなど初の認定企業計14社を発表

AppsFlyer

〜広告主の収益最大化に向け、代理店の専門知識強化へ〜

モバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクスのプラットフォームを提供するAppsFlyer Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:オーレン・カニエル、カントリーマネジャー:大坪直哉、以下AppsFlyer)は、国内の広告主の収益最大化を目指し、パートナーである広告代理店のモバイルアトリビューションに関する専門知識強化のための認定制度「ソリューションズパートナープログラム(Solutions Partner Program:以下SPP)」において、計14社の広告代理店を認定したことをお知らせします。

近年のモバイルアプリの消費支出拡大により、現在世界規模でモバイル広告の需要が急増しています。当社は、グローバルシェア72%を超える世界No.1のモバイルアトリビューションプラットフォームを提供しており、その実績をもとにモバイルアプリのインストール広告の最適化や、市場で深刻化が叫ばれている「不正広告」問題の解決を実現するサービスの開発を行っています。

■広告主の収益最大化に向け、広告代理店の専門知識を強化する認定制度「SPP」を開始

当社では、企業にとって今後より重要性が増していくモバイルマーケティングにおいて、広告主の収益を最大化させるため、代理店主導の市場である日本に合わせたパートナー認定制度「SPP」を2019年4月に海外に先駆けてローンチいたしました。「SPP」は、AppsFlyerのパートナーである代理店に対して、モバイルアトリビューションおよびマーケティング分析に関する知識と専門性を提供し、認定された代理店が正しい専門知識を保持していることを市場に証明することができる制度となっています。代理店は、AppsFlyerのエコシステムへの貢献レベル、広告主への貢献レベル、AppsFlyerのソリューションに関する専門知識のレベルに基づき、4つのレベル(シルバー、ゴールド、プラチナ、グローバルアライアンス)で認定されます。

■サイバーエージェント、セプテーニなど計14社が「SPP」初の認定企業として決定

そしてこの度、株式会社サイバーエージェント、株式会社セプテーニを始めとする計14社の広告代理店を「SPP」の規定条件に基づき、各レベルに認定いたしました。各社は、モバイルアトリビューションやそのエコシステムに関する正しい知識や市場に関する深い理解を持ち、高いクオリティのサービスを提供します。

■広告代理店へのサポート強化として、渡辺エリナ氏がDirector of Agency Aliencesに就任

またこの度、広告代理店での豊富な経験と、デジタルをはじめとする様々なタッチポイントにおけるメディア戦略立案の知見を持つ渡辺エリナが新たにDirector of Agency Aliencesとして就任いたしました。これにより、成長の勢いが止まらないモバイル市場において、さらなる広告代理店へのサポート強化を進めてまいります。
渡辺は広告代理店のストラテジストとして9年以上の実績を誇り、BtoC、BtoB問わず幅広いクライアントにおけるデジタルマーケティングの成長戦略を担当してきました。さらに、直近の2017年から2019年では、世界最大の広告費を誇るFMCG大手の日本市場におけるMedia AORチームに参加しています。

当社では今後も、国内のマーケットシェアNo.1を誇るモバイルアトリビューションプラットフォームとして、これまで以上に日本の企業やマーケターに対して、高い付加価値を提供してまいります。

「Solutions Partner Program(SPP)」について

AppsFlyerのエコシステムへの貢献レベル、広告主への貢献レベル、AppsFlyerのソリューションに関する専門知識のレベルに基づき、広告代理店を認定する制度。4つのレベル(シルバー、ゴールド、プラチナ、グローバルアライアンス)の認定バッジが付与される。
参加者は、モバイル広告市場、モバイルアトリビューション、およびAppsFlyerの技術とプラットフォームに関する幅広いトレーニングを提供する「モバイル広告測定アカデミー(Mobile Measurement Academy)」への参加資格を獲得。

「SPP」パートナーの各レベルについて

・GLOBAL ALLIANCE
AppsFlyerの複数の地域拠点において業界最高の認知を受けている企業。AppsFlyerのソリューションに関する専門的な技術力や理解、および顧客への共同導入経験等、一定の規定条件を満たす企業はグローバルアライアンスパートナーに認定される。

・PLATINUM

AppsFlyerの地域拠点において業界最高の認知を受けている企業。AppsFlyerのソリューションに関する専門的な技術力や理解、および顧客への共同導入経験等、一定の規定条件を満たす企業はプラチナパートナーに認定される。

・GOLD

AppsFlyerソリューションの導入に必要とする専門スキルを問題なく習得できる。AppsFlyerのソリューションに関する専門的な技術力や理解、および顧客への共同導入経験等、一定の規定条件を満たす企業はゴールドパートナーに認定される。

・SILVER

ソリューションズパートナープログラムの基本要件を満たす企業。AppsFlyerのソリューションに関する専門的な技術力や理解に基づき、企業はシルバーパートナーに認定される。

「SPP」認定代理店一覧(順不同)

・PLATINUM

アドイノベーション株式会社
株式会社アイレップ
株式会社アドウェイズ
株式会社サイバーエージェント
株式会社 CyberZ
株式会社セプテーニ
株式会社D2C R
株式会社デジタルガレージ

・GOLD

株式会社オプト
株式会社電通デジタル
グリーアドバタイジング株式会社
ナイル株式会社

・SILVER

株式会社朝日広告社
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

AppsFlyer Japan カントリーマネジャー 大坪 直哉のコメント

2015年にAppsFlyer Japanを設立してから、広告主をもっとも身近な立場よりサポートされている代理店様への体制を強化するために、ソリューションズパートナープログラムを立ち上げることが兼ねての夢でした。昨年4月に本プログラムを立ち上げてからわずか9ヶ月で、日本を代表する14社の代理店様とこうして強固な結果と関係を築くことができたことに心より感謝申し上げます。また業界での経験が長く、エコシステムについて深い知見を有する渡辺エリナをディレクターとして迎えることができたことを心から嬉しく思います。本年1月に発表したシリーズD、2.1億ドルの資金調達を受け、今後さらに人員、製品開発およびサポート体制の拡充に努めてまいります。AppsFlyerは縁の下の力持ちとして、代理店の皆様と共に、広告主の皆様のビジネスの成功をしっかりとバックアップしてまいりますので、今後ともご愛顧のほど宜しくお願いいたします。

「SPP」認定代理店からのコメント

株式会社アドウェイズ アカウントマネジメント第一Div バイスゼネラルマネージャ
林 広太 様

グローバルシェア最大規模のAppsFlyerを理解することは、日本でのアプリ広告を実施するにあたり必須事項となってきております。今後は代理店全体として人に依存するわけではなく、知識の底上げをすることで広告主様のマーケティングを正確にサポートすることができると考えています。そのため今後も当プログラムへは積極的に参加させていただき、広告主様の成果に貢献できるよう取り組みたいと思います。

株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部 統括
淵之上 弘 様

昨今のアプリ・ウェブ含めた広告成果の計測環境は非常に高難度化してきております。その中でAppsFlyerを正しく理解し、お客様に専門的かつ高品質な設計状態を提供することは日本のみならず世界のアプリマーケティングにおいて必須となってきております。このタイミングでのSPPプラチナ獲得はCyberAgentにとっても非常に大きく、更に理解を深め、広告主様の成果に貢献できるよう取り組みたいと思います。

Septeni Japan株式会社 第二アカウント本部本部長
大久保 亮 様

今回のプログラムを受講させて頂いたことで、弊社社員のアトリビューションテクノロジーに関する正しい知識の習得に繋がったと実感しております。またその知識習得が、社内や各パートナーとのコミュニケーションコストの削減や、顧客からの満足度の向上に寄与していると感じております。今後も、顧客ビジネスの成長を支える強力なパートナーとして、ご一緒させていただきたいと考えております。

関連リンク

AppsFlyer Japan株式会社
広告代理店向けのモバイルアトリビューションに関する認定制度「SPP」、サイバーエージェント、セプテーニなど初の認定企業計14社を発表




2020年1月の月間ニュースランキングTOP10



2020年1月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。