デジタルインファクト、大手広告プラットフォームの広告サービスについて調査結果を発表

2018年12月25日、株式会社デジタルインファクト(以下、デジタルインファクト)は、大手サービスプラットフォームであるAmazon、Facebook、Google、LINE、Twitter、Yahoo!JAPAN、楽天の広告サービスに関するアンケート調査結果を発表しました。

調査では、国内デジタル広告業界関係者101名に、各プラットフォームが提供する広告サービスについて全14項目の質問を実施。各項目に当てはまる全てのサービスについて回答を得たとのことです。

全14項目のうち、4項目に関する集計結果は、以下の通りです。

集計結果について

デジタル広告市場をリードしているのはGoogle

現在デジタル広告市場をリードしている広告プラットフォームについて聞いたところ、Googleと回答した割合が最も大きく、これにFacebook、Amazonが続きました。

【デジタル広告市場をリードしている】(n=101、MA)

※デジタルインファクト調べ

広告サービスにおいて独自性があるのはAmazon

広告サービスにおいて独自性がある広告プラットフォームについて聞いたところ、Amazonと回答した割合が最も大きく、これに僅かな差でGoogleとFacebookが続きました。

【広告サービスにおいて独自性がある】(n=101、MA)


※デジタルインファクト調べ

広告テクノロジーが優れているのはGoogle

広告テクノロジーが優れている広告プラットフォームについて聞いたところ、Googleと回答した割合が最も大きく、これにFacebook、Amazonが続きました。

【広告テクノロジーが優れている】(n=101、MA)


※デジタルインファクト調べ

今後の成長性があるのはAmazon

今後の成長性がある広告プラットフォームについて聞いたところ、Amazonと回答した割合が最も大きく、これにGoogle、LINEが続きました。

【今後の成長性がある】(n=101、MA)


※デジタルインファクト調べ

上記を含め広告事業に関連する全14項目(※)の順位をスコア化(※※)し集計した結果、総合順位上位は1位Google(96ポイント)、2位Facebook(72ポイント)、3位Yahoo! JAPAN(59ポイント)という結果でした。

Googleは、全14項目のうち12項目で1位、残り2項目ではAmazonが1位となりました。

上記の詳細については、こちらをご覧ください。

デジタルインファクトについて

概要

デジタルインファクトでは、四半期ごとにインターネット広告市場に関する見通し調査を実施しています。本調査は同調査の一環として実施し、アンケートにご協力いただいた方には、全調査結果をご報告しています。

今後の展望

次回の調査は、2019年1月10日(木)の開始を予定。アンケート回答の募集告知は、弊社HP上で行う予定です。

デジタルインファクトは、今後もデジタル広告業界の皆様のお役にたつ調査結果を提供していくとコメントしました。

備考

注意事項
※こちらの調査情報は、株式会社デジタルインファクト様のリリースより掲載しています。
※データの利用、引用可否、調査データのついてのお問い合わせは株式会社デジタルインファクトまでご連絡ください。

関連リンク




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。