アドエビス、広告成果を返す「ポストバック機能」を追加実装 

株式会社ロックオンは12月14日、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」にて広告配信プラットフォームへ成果通知を行う「ポストバック機能」の追加とサービスの提供開始を発表しました。開発背景、サービス詳細似ついては以下をご覧ください。
 

開発背景とサービス概要

背景について

運用型広告や成果報酬型広告において、自社の広告効果を正確に把握することは非常に重要となります。しかし、Apple社よりSafariブラウザへのトラッキング防止機能 Intelligent Tracking Prevention(以下、ITP)(※1)がリリースされたことで正確な効果測定が困難となり、ITPへの早急な対応が多くの広告配信プラットフォームにおいて課題となっています。
 
アドエビスでは、2017年11月にITP1.0、2018年9月にはITP2.0への対応を完了しており、アドエビスの測定結果を広告配信プラットフォームで活用したいとの声を反映し、広告配信プラットフォームに特化した「ポストバック機能」を開発した。
 
「ポストバック機能」は、アドエビスで測定したコンバージョンデータを広告配信プラットフォームへ通知する機能です。すでにアドエビスを利用中で専用タグが設置されているサイトの場合、広告配信プラットフォームごとの専用タグを新たに設置することなく測定を開始できるため、大幅な運用負荷の軽減が期待できます。加えて、重複コンバージョンやITPに対応した正確な広告効果を把握した上で運用へ活用することができます。これにより広告配信プラットフォームは、日々変化する外的要因への対応に迫られることなく、安定的に精度の高い測定が可能となりました。
 

 

アドエビスについて

アドエビスは、顕在層向けの刈り取り型の広告(リターゲティングなど)の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。
 
今後もアドエビスは、精度の高い広告効果の測定とデジタルマーケティングを取り巻く環境への素早い対応を通して、広告配信プラットフォームを支援していくと発表しました。
 
※1:Intelligent Tracking Prevention(ITP)について
Apple社が2017年にプライバシー保護とセキュリティ強化を目的にiOS/macOSに実装した機能。Safari内においてCookieの働きを制限することで、サイト間のトラッキングを抑制する仕組みがあります。2018年にはITP2.0がリリースされ、Cookieの利用制限がさらに厳しくなりました。ITP対象と判定された場合は、ユーザーの行動履歴の計測やリターゲティング広告の配信ができない等の影響が生じることがあります。
 

関連リンク




11月の月間ニュースランキングTOP10



11月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している11月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。