メール広告

電子メール(Eメール)によって配信される広告の総称。基本的には、テキストで訴求することが一般的だが、HTMLメールを用いて画像で訴求することも多い。配信方法には、オプトインメールとターゲティングメールの2つがある。

オプトインメールとは、ユーザーから広告配信の事前許諾を得ているジャンルの広告を送信するメール広告。ターゲティングメールとは、ユーザーが事前登録した属性(年齢・性別・エリア・興味関心など)で配信対象を絞り込み、その属性に対して配信するメール広告のこと。

メール広告には3つのメリットがある。1つは、見込み顧客にメールで直接アプローチできること、2つは配信開始までの期間が短いこと、3つ目は情報量が多いという点が挙げられる。デメリットは、広告を見てもらえない可能性が高いという事である。スパムと勘違いして削除されることも多いため、メールを開封してもらえるタイトル文を考えることが重要。