ファーストパーティ・クッキー(1st Party Cookie)

ファーストパーティ・クッキー(1st Party Cookie)とは、ユーザーが訪れているWebサイトのドメインから直接発行されているCookieのこと。つまり、「Cookieの発行元のドメイン」=「訪問Webサイトのドメイン」であるCookieを指す。

1st Partyとは、日本語において「当事者」を指すため、当事者サーバークッキーとして表記されることもある。Webサイトにおける当事者とは、ユーザーがアクセスしたサイトの管理・運営元のことを指す。

例えば、あるユーザーが通販サイトA (tsuhan.a@examlpe.com)を訪れたとします。その際に通販サイトA(tsuhan.a@examlpe.com)から発行されるCookieをファーストパーティCookieと呼びます。商品の閲覧履歴や購入履歴などを保存しており、ユーザーに対して前回の閲覧商品と似た商品をレコメンドして表示したりすることに使われる。「あなたにおすすめの商品」などと表示される商品は1st Party Cookieを基にレコメンドされている。

なお、Cookieにはサードパーティー・クッキー(3rd Party Cookie)と呼ばれるものもあるため、混同しないように注意しましょう。