レコメンドウィジェット型広告

レコメンドウィジェット型広告とは、ネイティブ広告における掲載フォーマットの一種です。媒体社が提供する記事ページ内にレコメンド枠として表示される広告のことを指します。

ユーザーが見ている記事・コンテンツページのフッターなどに「関連コンテンツ」や「こんな記事も読まれています」、「recommended by」などの表記で掲載されます。レコメンドウィジェット広告の多くは、配信先が自動最適化されており、CPCとCTRの要素から最適化が行われます。媒体社では、「CTRが高い=ユーザーが好む情報」として認識するため、CTRを向上することにより低CPCでの配信が可能となります。
 
レコメンドウィジェット広告のメリット
 
レコメンドウィジェット広告は、広告と関連性のある記事、または関連性のある記事を見ているユーザーに対して配信擦ることができるため、記事内容(広告内容)を読んでもらいやすいという特徴があります。このため、潜在層から顧客層への転換率が高い傾向にあります。

また、記事コンテンツは自然検索からの流入だけでは広告効果があがるまでに時間がかかります。その点、レコメンドウィジェット広告では、広告配信後すぐにセッションを集められるため、自然検索よりも早く広告効果をあげることが期待できます。
 
レコメンドウィジェット広告の運用
 
レコメンドウィジェット広告の広告効果を最大化するためには、運用指針をしっかりと決めておく必要があります。まずは、CTRを重視した広告クリエイティブ(レコメンドバナー)mを制作・配信・検証・改善することが重要になります。次に購入意欲を高めるための精度の高い記事を制作すること、媒体特性を理解して運用することが欠かせません。
 
レコメンドウィジェット広告のメニュー例
 
レコメンドウィジェット広告メニューで有名なものとして、Yahoo!コンテンツディスカバリー(YCD)、OutbrainloglypopInなどが挙げられます。




4月の月間ニュースランキングTOP10



4月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している4月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。