【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

MMD研究所

MMD研究所は、Square株式会社(以下Square)と共同で、2020年11月21日~11月23日の期間で「【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査」を実施いたしました。予備調査では18歳~69歳の男女20,000人、本調査ではキャッシュレス決済を現在利用している1,500人を対象に聴取いたしました。
本調査は第1弾として消費者のキャッシュレス決済の普及体感や期待、今後普及して欲しいキャッシュレス決済などの実態を発表します。また、年明けに第2弾として実店舗を運営するオーナーに聴取した運営店舗のキャッシュレス導入状況などの実態を発表します。
※本調査では2020年1月の調査と一部比較しています。

【調査結果サマリー】

■ コロナ禍での支払い方法は「現金」が86.2%、「クレジットカード」が65.6%
  財布に入れている現金の金額は「5,000円未満」と全体の約1/4が回答

■ キャッシュレス決済、普及の体感は61.3%、期待は60.3%
  2020年1月と比べて、普及の体感は12.4ポイント、期待は5.4ポイント増加

■ キャッシュレス利用者の3割以上がキャッシュレス未対応が理由で来店をやめたことがある

■ 今後普及して欲しいキャッシュレス決済は「ICチップとタッチ決済両方があるタイプ」が40.7%

■ 実店舗で利用したいキャッシュレス決済は「クレジットカード」が半数以上とトップ
  60代男性と50~60代女性の6割以上が「クレジットカード」を利用したい

■ キャッシュレス決済に求めることは「ポイントが貯まりやすい」「安心して利用できる」「利用できる場所が多い」

【Square, Inc. エコノミストのコメント】

MMD研究所、【Square, Inc. エコノミストのコメント】
Square, Inc. エコノミスト フェリペ・シャコン

今回の調査では、日本では依然として現金が日常的に使われているものの、政府のキャッシュレス推進政策や新型コロナウイルス感染症とそれに伴う消費者行動の変化で、潮目が変わり始めたことが見て取れました。実に、調査対象の60%以上が、日本のキャッシュレス化がさらに進んでほしいと回答しています。さらに、前回調査と比較し、キャッシュレスの普及の体感も大幅に伸びる結果となったことを考えると、日本でも決済手段のキャッシュレス化や現金離れは、キャッシュレス先進国のように定着すると推測します。

■ コロナ禍での支払い方法は「現金」が86.2%、「クレジットカード」が65.6% 財布に入れている現金の金額は「5,000円未満」と全体の約1/4が回答

18歳~69歳の男女20,000人を対象に、利用している支払い方法を普段と直近3ヶ月でそれぞれ複数回答で聞いたところ、普段の支払い方法では「現金」が90.4%、「クレジットカード」が72.0%、「QRコード式のスマホ決済」が36.0%となり、直近3ヶ月に利用した支払い方法では「現金」が86.2%、「クレジットカード」が65.6%、「QRコード式のスマホ決済」が32.9%となった。

【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

続いて、直近3ヶ月で利用した支払い方法を性年代別にみると、すべての年代が「現金」が最も多く、次に「クレジットカード」を利用しているという順番となった。60代女性(n=2,065)が「現金」は91.3%、「クレジットカード」は78.1%とどちらも最も多く、10~20代男性(n=1,931)と比べると「現金」は10.9ポイント、「クレジットカード」は31.3ポイント差となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

次に、現在財布に入れている現金の金額を聞いたところ、「5,000円未満」が23.3%と最も多く、次に「10,000円~15,000円未満」が20.0%、「5,000円~10,000円未満」が19.5%となった。

【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

■ キャッシュレス決済、普及の体感は61.3%、期待は60.3% 2020年1月と比べて、普及の体感は12.4ポイント、期待は5.4ポイント増加

20歳~69歳の男女19,396人(※)を対象に、国が普及推進するキャッシュレス化について体感としてキャッシュレス化が進んでいるか聞いたところ、「とても進んでいると思う」が10.7%、「やや進んでいると思う」が50.6%となり、キャッシュレス化が進んでいると思うと61.3%が回答した。
2020年1月の調査と比較すると、「とても進んでいると思う」と「やや進んでいると思う」を合わせて48.9%と12.4ポイント増となった。

【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

続いて、今よりもっと日本国内のキャッシュレス化が進んで欲しいかキャッシュレス化への期待について聞いたところ、「とてもそう思う」が19.4%、「ややそう思う」が40.9%となり、国内のキャッシュレス化が進んで欲しいと60.3%が期待している結果となった。
2020年1月の調査と比較すると、「とてもそう思う」と「ややそう思う」を合わせて54.9%と5.4ポイント増となった。

【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

■ キャッシュレス利用者の3割以上がキャッシュレス未対応が理由で来店をやめたことがある

キャッシュレス決済を現在利用している1,500人を対象に、現金のみ対応の店舗で来店をやめたことがあるか聞いたところ、31.5%がやめたことがあると回答した。
さらに、キャッシュレス決済の導入状況でお店選びをしたことがあるか聞いたところ、37.7%が導入状況で選んだことがあると回答した。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

続いて、性年代別でみると、現金のみ対応の店舗で来店をやめたことがあるのは30代男性(n=144)が46.5%と最も多く、次に10~20代男性(n=152)が37.5%、50代男性(n=132)が34.1%となり、キャッシュレス決済の導入状況でお店選びをしたことがあるのは30代男性(n=144)が46.5%と最も多く、次に40代男性(n=183)が44.3%、10~20代女性(n=150)が42.7%となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

次に、キャッシュレス決済に対応していない店舗は古いと思うか聞いたところ、「あてはまる」が22.8%、「ややあてはまる」が27.9%と、あわせて50.7%が古いと思うと回答した。
さらに、キャッシュレス決済に対応していない店舗に対しての印象を聞いたところ、「悪印象」が7.8%、「どちらかというと悪印象」が49.9%と、あわせて57.7%が悪印象という結果となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

■ 今後普及して欲しいキャッシュレス決済は「ICチップとタッチ決済両方があるタイプ」が40.7%

キャッシュレス決済を現在利用している1,500人を対象に、今後普及して欲しいキャッシュレス決済を複数回答で聞いたところ、最も普及して欲しいキャッシュレス決済は「ICチップ、タッチ決済対応マーク両方があるタイプ」が40.7%となり、約8割が今後普及して欲しいキャッシュレス決済があると回答した。

【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

■ 実店舗で利用したいキャッシュレス決済は「クレジットカード」が半数以上とトップ 60代男性と50~60代女性の6割以上が「クレジットカード」を利用したい

キャッシュレス決済を現在利用している1,500人を対象に、実店舗で利用したいキャッシュレス決済を聞いたところ、「クレジットカード」が52.7%と最も多く、次に「QRコード式のスマホ決済」が19.1%、「カード型の交通系以外の電子マネー」が10.6%となった。
性年代別でみると、どの年代も「クレジットカード」が多く、上位は50代女性(n=153)が66.7%、60代男性(n=116)が66.4%、60代女性(n=109)が61.5%と6割以上を占める結果となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

■ キャッシュレス決済に求めることは「ポイントが貯まりやすい」「安心して利用できる」「利用できる場所が多い」

キャッシュレス決済を現在利用している1,500人を対象に、キャッシュレス決済の良い点をキャッシュレス決済の種類ごとに複数回答で聞いたところ、クレジットカード(n=1,259)とカード型の交通系以外の電子マネー(n=394)とQRコード式のスマホ決済(n=659)は「ポイントがたくさん貯まる」、デビットカード(n=148)とカード型の交通系電子マネー(n=551)とタッチ式のスマホ決済(n=197)は「支払い時の会計がスムーズ」がそれぞれトップとなった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

続いて、キャッシュレス決済に求めることを複数回答で聞いたところ、「ポイントが貯まりやすいこと」が48.3%と最も多く、次に「安心して利用できること」が38.7%、「利用できる場所が多いこと」が36.3%となった。

【MMD研究所】【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査を実施

※一部比較のため、20歳~69歳にデータを抽出しております。
※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

【Squareについて】

Squareは、商売の立ち上げから事業の成長まで事業者をサポートするサービスやツールを開発しています。Squareを使えば、実店舗でもネットショップでも、事業者はかんたんにキャッシュレス決済を受け付けることができ、売上は最短翌営業日に入金されます。Square POSレジは、レジ機能に加え、売上の記録や分析、在庫管理、複数店舗管理、従業員管理など、事業者にとって必要なツールを一式そろえた無料アプリです。Square, Inc.は、2009年に設立、本社をサンフランシスコに構え、米国とカナダ、日本、オーストラリア、英国でカード決済サービスを提供しています。Square株式会社は、Square, Inc. の日本法人です。Square, IncおよびSquare株式会社の詳細は、square.co.jpをご覧ください。

Square
調査のロウデータを販売しております
・ 販売商品:【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査
・ 納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
・ 調査データのご購入をご希望される方はお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
注意事項
※こちらの調査情報は、調査実施者であるMMD研究所との提携により掲載しております。
※本ページ内で掲載している文章、及びその内容についての無断転載等は原則として禁止しています。
※データの利用、引用可否、調査データのついてのお問い合わせはMMD研究所まで必ずご連絡ください。

■ 関連リンク

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)
MMD研究所 プレスリリース
キャッシュレス利用者の3割以上がキャッシュレス未対応が理由で来店をやめたことがある キャッシュレス決済、普及の体感は61.3%、期待は60.3%

MMD研究所 インターネット調査のご相談はこちら




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。