【MMD研究所】コロナ禍での総合ECサイトに関する調査を実施

MMD研究所

MMD研究所は、2020年10月31日~11月2日の期間で「コロナ禍での総合ECサイトに関する調査」を実施いたしました。予備調査では全国の15~69歳男女10,000人、本調査ではAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングのメイン利用者900人を対象に聴取いたしました。

【調査結果サマリー】

■ コロナウイルス流行期も含め、総合ECサイト利用トップは69.7%で「Amazon」うち、メイン利用は「楽天市場」が41.4%でトップ

■ 総合ECサイト利用者のうち、コロナ禍で利用を始めたのは4.8%、利用頻度が増えたユーザーは21.3%

■ コロナ禍で総合ECサイト利用頻度が増えたのは、10代・60代男性と女性全世代 男性60代は3月以前に比べ「月1回」から8~10月は「月2~3回」の利用に増加 女性は3月以前に比べ「2ヶ月に1回未満」から8~10月で「月1回」、「月2~3回」が最多

■ コロナの影響で総合ECサイトを利用開始した理由、AmazonとYahoo!ショッピングは「品揃えが豊富だから」、楽天市場は「ポイントが貯まりやすいから」利用頻度が増えた理由、Amazonは「品揃えが豊富だから」、楽天市場とYahoo!ショッピングは「ポイントが貯まりやすいから」

■ メイン利用の総合ECサイトで最も関連サービスを利用されているのは楽天市場で93.6% Amazon利用者は「Amazonギフト券」、楽天市場利用者は「楽天ポイント」、Yahoo!ショッピング利用者は「Tポイント」

■ コロナウイルス流行期も含め、総合ECサイト利用トップは69.7%で「Amazon」うち、メイン利用は「楽天市場」が41.4%でトップ

全国の15~69歳男女10,000人を対象に、総合ECサイトの利用経験を聞いたところ(複数回答可)、90.1%が総合ECサイトを利用したことがあると回答した。利用経験のある総合ECサイトは「Amazon」が69.7%で最も多く、次いで「楽天市場」が68.7%、「Yahoo!ショッピング」が46.9%となった。

【MMD研究所】コロナ禍での総合ECサイトに関する調査を実施

次に、総合ECサイトを利用したことがある全国の15~69歳男女9,010人を対象に、メイン利用の総合ECサイトを聞いたところ、「楽天市場」が41.4%で最も多く、次いで「Amazon」が38.1%、「Yahoo!ショッピング」が13.0%となった。

【MMD研究所】コロナ禍での総合ECサイトに関する調査を実施

■ 総合ECサイト利用者のうち、コロナ禍で利用を始めたのは4.8%、利用頻度が増えたユーザーは21.3%

総合ECサイトを利用したことがある全国の15~69歳男女9,010人を対象に、コロナウイルス流行前後での総合ECサイト利用状況を聞いたところ、「2020年4月以降、利用頻度が増えた」利用者は21.3%、「2020年4月以降、利用開始した」利用者は4.8%となった。

【MMD研究所】コロナ禍での総合ECサイトに関する調査を実施

■ コロナ禍で総合ECサイト利用頻度が増えたのは、10代・60代男性と女性全世代 男性60代は3月以前に比べ「月1回」から8~10月は「月2~3回」の利用に増加 女性は3月以前に比べ「2ヶ月に1回未満」から8~10月で「月1回」、「月2~3回」が最多

総合ECサイトを利用したことがある全国の15~69歳男女9,010人を対象に、コロナウイルス流行前後の総合ECサイト利用頻度を聞いたところ、2020年3月以前は「2ヶ月に1回未満」が27.0%、2020年4月~5月は「月1回」が26.0%、2020年6月~7月は「月1回」が26.1%、2020年8月~10月は「月1回」が26.9%でそれぞれ最も多い結果となった。2020年3月以前は「2ヶ月に1回未満」が27.0%だったが、2020年4月~7月は「2ヶ月に1回未満」の利用者はいないことがわかった。

【MMD研究所】コロナ禍での総合ECサイトに関する調査を実施

次に、2020年3月以前と2020年8月~10月の期間を抜粋し、総合ECサイト利用頻度として最も多かった項目を性年代別で見ると、2020年3月以前では、男性は10代(n=260)のみ「2ヶ月に1回未満」で、20代(n=694)・30代(n=790)・40代(n=1,032)・50代(n=908)・60代(n=877)は「月1回」となった。女性は全世代[10代(n=255)・20代(n=644)・30代(n=752)・40代(n=1,009)・50代(n=897)・60代(n=892)]で「2ヶ月に1回未満」となった。2020年8月~10月では、男性10代は「2ヶ月に1回」、男性60代は「月2~3回」となり、3月以前と比べ増加した。男性20~50代は3月以前から8~10月にかけて「月1回」と変化はなかった。女性10~50代が「月1回」、60代が「月2~3回」となり3月以前と比べ増加した。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】コロナ禍での総合ECサイトに関する調査を実施

■ コロナの影響で総合ECサイトを利用開始した理由、AmazonとYahoo!ショッピングは「品揃えが豊富だから」、楽天市場は「ポイントが貯まりやすいから」
利用頻度が増えた理由、Amazonは「品揃えが豊富だから」、楽天市場とYahoo!ショッピングは「ポイントが貯まりやすいから」

総合ECサイト利用者のうち、2020年4月以降に利用開始した435人に、総合ECサイトを利用開始した理由を聞いたところ(複数回答可、「特に理由はない」除く)、上位3サイトでは、Amazon利用者(n=226)が「品揃えが豊富だから」が最も多く36.3%、次いで「商品が探しやすいから」が27.4%、「商品が届くまでの期間が短いから」が25.7%となった。楽天市場利用者(n=187)は「ポイントが貯まりやすいから」が最も多く40.1%、次いで「ポイントが使いやすいから」が36.9%、「品揃えが豊富だから」が35.8%となった。Yahoo!ショッピング利用者(n=148)は「品揃えが豊富だから」が最も多く29.7%、次いで「ポイントが使いやすいから」が27.7%、「ポイントが貯まりやすいから」25.0%となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】コロナ禍での総合ECサイトに関する調査を実施

続いて、総合ECサイト利用者のうち、2020年4月以降に利用頻度が増えたと回答した1,923人に、総合ECサイトの利用頻度が増えた理由を聞いたところ(複数回答可、「特に理由はない」除く)、上位3サイトでは、Amazon利用者(n=949)が「品揃えが豊富だから」が最も多く45.4%、次いで「商品が探しやすいから」が38.8%、「商品が届くまでの期間が短いから」が38.7%となった。楽天市場利用者(n=882)は「ポイントが貯まりやすいから」が最も多く56.3%、次いで「ポイントが使いやすいから」が51.2%、「品揃えが豊富だから」が37.9%となった。 Yahoo!ショッピング利用者(n=391)は「ポイントが貯まりやすいから」が最も多く48.3%、次いで「ポイントが使いやすいから」が44.0%、「品揃えが豊富だから」が28.4%となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】コロナ禍での総合ECサイトに関する調査を実施

■ メイン利用の総合ECサイトで最も関連サービスを利用されているのは楽天市場で93.6%
Amazon利用者は「Amazonギフト券」、楽天市場利用者は「楽天ポイント」、Yahoo!ショッピング利用者は「Tポイント」

総合ECサイトの利用上位3サイトAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングのメイン利用者各300人に、総合ECサイトの関連サービスを利用しているか聞いたところ、Amazonは75.3%、楽天市場は93.6%、Yahoo!ショッピングは93.0%が関連サービス利用者であることがわかった。
また、関連サービス利用者に利用中のサービスを聞いたところ(複数回答可)、Amazon利用者(n=226)は「Amazonギフト券」が最も多く60.2%、次いで「Amazonポイント」が55.8%、「Amazonプライム」が50.9%となった。楽天市場利用者(n=281)は「楽天ポイント」が74.0%、次いで「楽天カード」が67.6%、「楽天銀行」が38.3%となった。Yahoo!ショッピング利用者(n=279)は「Tポイント」が77.4%、「PayPay」が52.3%、「Yahoo!プレミアム」が43.7%となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
【MMD研究所】コロナ禍での総合ECサイトに関する調査を実施

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

調査のロウデータを販売しております
・ 販売商品:コロナ禍での総合ECサイトに関する調査
・ 納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
・ 販売金額:350,000円(税抜)
・ 入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

注意事項
※こちらの調査情報は、調査実施者であるMMD研究所との提携により掲載しております。
※本ページ内で掲載している文章、及びその内容についての無断転載等は原則として禁止しています。
※データの利用、引用可否、調査データのついてのお問い合わせはMMD研究所まで必ずご連絡ください。

■ 関連リンク

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)
MMD研究所 プレスリリース
コロナ流行前後含め総合EC利用トップは69.7%で「Amazon」 うち、メイン利用は「楽天市場」が41.4%でトップ コロナ禍でECサイト利用開始したユーザーは4.8%、利用頻度が上がったのは21.3%

MMD研究所 インターネット調査のご相談はこちら




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。