スイッチスマイル、訪日外国人向けナビゲーションアプリ『Japan Travel by NAVITIME』と連携した位置情報連動広告メニューの販売を開始

株式会社スイッチスマイル

株式会社スイッチスマイル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長橋 大蔵 以下「スイッチスマイル」)は、同社が提供するBeaconを利用した位置情報プラットフォーム「pinable(ピナブル)」を活用し株式会社ナビタイムジャパンが提供する訪日外国人向けナビゲーションアプリ『Japan Travel by NAVITIME』 と連携して位置情報連動型広告配信メニュー「pinable_ad for inbound」の提供を開始します。

背景と概要

「pinable」はいままでの、GPSやWifiなどのエリア的な位置情報ではなく、「だれが、いつ、どこで、なにを」が分かるデータをロケーションDMPとして蓄積しています。消費者の行動情報に基づき、よりピンポイントに最適な場所、最適なタイミングで広告を配信することが可能です。

「pinable_ad for inbound」は、「ナビタイムジャパン」の『Japan Travel by NAVITIME』アプリと連携することで、インバウンド旅行者に対して、「スイッチスマイル」のBeaconが設置されている空港、観光地、商業施設等訪問先で、最適な情報を広告として配信することが可能となります。
通信サービスや、交通サービス、飲食情報等、旅ナカの移動シーンで旅行者に役立つ情報を中心とした広告配信を予定しております。

スイッチスマイルでは、 2019年度中には100,000個のBeacon設置を店舗やアライアンス企業と提携し増やしてまいります。また関東・関西都市部、主要駅、商店街、商業施設、空港などに当社が独自に設置済のビーコンおよび当社が提供するValue Beacon Network ※1(バリュービーコンネットワーク)により提携企業からシェアされた約25,000個(2019年5月末現在)のビーコンを設置しており、これらから取得した位置情報を用いて、きめ細やかな位置情報と接触ユーザーを独自に分析し、企業のO2O(オンラインto オフラインマーケティング)推進を支援いたします。

pinable_ad 概念図

株式会社スイッチスマイル

pinable_ad for inbound イメージ図

株式会社スイッチスマイル 株式会社スイッチスマイル

位置情報マーケティングプラットフォーム「pinable(ピナブル)」とは

pinableはいままでのGPSやWi-Fiなどのエリア的な位置情報プラットフォームではなく、ビーコンを使用することで、よりピンポイントな位置情報を利用した広告やマーケティング分析のソリューションを提供します。またそれらによって得られたビッグデータをロケーションDMPとして構築し、位置情報だけでなく属性や行動パターン、周辺環境などのタグ情報も含めた情報をマーケティング分析し、よりエンゲージメントの高いソリューションの提供を可能にします。

pinable_marketing 概要

株式会社スイッチスマイル

関連リンク

株式会社スイッチスマイル
位置情報マーケティングプラットフォーム「pinable(ピナブル)」
訪日外国人向けナビゲーションアプリ『Japan Travel by NAVITIME』と連携した位置情報連動広告メニューの販売を開始! ~旅ナカの広告配信でインバウンドの誘客支援~




8月の月間ニュースランキングTOP10



7月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している8月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。