スマートドライブ、「SmartDrive Fleet」と「LINE WORKS」が連携

スマートドライブ、「SmartDrive Fleet」と「LINE WORKS」が連携

物流・タクシー・医療介護など、移動を伴う業務における車両・移動情報の活用を後押し ~リアルタイム移動情報に基づいたドライバーとのコミュニケーションを実現~

​モビリティデータを活用したサービスを提供する株式会社スマートドライブ(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:北川烈、以下「スマートドライブ」)と、現場に強い仕事用のLINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒 豊、以下「ワークスモバイルジャパン」)は、車両のリアルタイム移動情報などが得られるクラウド車両管理サービス「SmartDrive Fleet」とビジネスコミュニケーションツールとして多くの企業で業務効率化に活用されている「LINE WORKS」のAPI連携による協業ソリューションの提供を開始しましたのでお知らせします。

スマートドライブ、「SmartDrive Fleet」と「LINE WORKS」が連携

■背景と概要

今回の連携で、「LINE WORKS」のチャットを活用した、稼働中のドライバーの現在位置を確認した上でのメッセージ送信や、地図上で指定範囲内にいるドライバーへのメッセージ配信などが「SmartDrive Fleet」上で可能になります。これにより、従来「SmartDrive Fleet」で位置情報を確認しながら電話で行っていたドライバーへの指示や手配を、より的確に行えるようになります。タクシー企業様であれば、地図情報を活用した的確な指示による生産性向上に加えて、運転の状況や業務時間の可視化・共有などによる安全運転促進、労務管理の効率化などの用途を想定しています。医療介護などの現場では、訪問先への到着と出発を自動で社内に共有し、お客様とのコミュニケーションの円滑化による顧客満足度の向上のための活用を見込んでいます。これまで電話による業務連絡をしていた企業様の業務生産性の向上、ドライバーの事故防止・安全性向上に貢献してまいります。

スマートドライブ、「SmartDrive Fleet」と「LINE WORKS」が連携

今後は、ドライバーに対する指示だけではなく、ドライバーの現地での業務完了の報告などのコミュニケーションを「LINE WORKS」で行えるようにし、移動を伴う現場業務の生産性を高めることに貢献してまいります。

また、今回の連携開始を端緒として、スマートドライブ並びにワークスモバイルジャパンは、移動を伴う業務に携わる各企業の要望に応え、業務や業種業界に合わせた連携機能開発を進めてまいります。

■SmartDrive Fleetとは

「SmartDrive Fleet」は、営業や配送・運送の車両をWebやスマートフォンでリアルタイムに管理するサービスです。交通事故や保険料の削減のサポート、稼働率などの分析レポートの提供、日報の自動化や各種通知機能など、車両をご利用になる幅広い業種業態の事業活動の効率化を促進しています。お客様がスムーズに製品をご使用いただけるよう経験豊富なスタッフが支援するカスタマーサービスも好評を得ています。

■LINE WORKSとは

「LINE WORKS」は、チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えた「仕事用LINE」です。なじみのあるコミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさのため、ユーザーの教育も必要なく、導入したその日から誰でもすぐに使えます。2020年9月に発表された「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」では、3年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。

■関連リンク

株式会社スマートドライブ
ワークスモバイルジャパン株式会社
「SmartDrive Fleet」と「LINE WORKS」が連携




2021年1月の月間ニュースランキングTOP10



2021年1月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。