スカイフォール、成果報酬型広告で質の高いユーザーを低工数で獲得できる広告運用支援ツール SKYFLAG がリリース

株式会社Skyfall

アドフラウド防止・検知、独自CPE並行配信、複数ASP一元管理の機能を搭載した広告運用支援ツール

近年インターネット広告業界に蔓延するアドフラウドを検知・防止しつつ、広告主のコンテンツをより安全にかつ、低工数で広告配信ができる広告ツールをリリースいたしました。

成果報酬型広告の運用を支援する株式会社Skyfall(東京都渋谷区 代表:長谷川 智一 以下Skyfall)は、広告主向けの支援ツールSKYFLAGの提供を開始いたしました。

【サービス概要】

株式会社Skyfall

独自CPE配信機能を利用し、質の高いユーザーを低工数で獲得ができるソリューションです。アドフラウドを検知・防止しつつ 安全に成果報酬型の広告の実施が可能です。

さらに成果報酬型のインターネットメディアを一元管理することができ 運用工数を大幅に削減することができます。

1)フラウド防止・検知機能

【防止・検知機能 一部抜粋】
株式会社Skyfall

成果報酬型広告で発生するアドフラウドの防止・検知ができる機能を搭載しており、安全に広告出稿が行えるよう
サービスを提供しております。

※アドフラウドとは
近年、インターネット広告業界では、アドフラウドの 増加に伴いセキュリティの向上を目指しています。
ただ抑制率は低く、 アドフラウドの発生により一部のネットワークへの 広告出稿を停止に追い込まれる状況もあります。アドフラウド (Ad Fraud)とは、システムなどを利用し、インプレッションやクリックを行い、 広告費用に対する成 約件数や 広告効果などを不正に水増しする不正広告のことを意味します。

2)独自CPE配信機能

CPE(コスト・パー・エンゲージメント)並行配信により、ROASの良いユーザーを獲得可能に。
良好なアプリイベントを成果としたCPE配信を 停止することなく、他のアプリイベントの配信検証を行うことができます。

成果地点の到達までに時間のかかるCPE配信の場合、成果地点ごとの広告費用対効果を確認するために時間がかかっていました。

株式会社Skyfall

検証を行いたい複数のアプリイベントを同時に配信が可能になり、プロモーションのPDCAを早く回すことができます。

3)複数のASPの一元管理機能

▼従来の管理方法
株式会社Skyfall

▼SKYFLAG導入後
株式会社Skyfall

従来、成果報酬型の広告を実施する際、各インターネットメディアへの発注や成果報酬単価の調整、運用が必要でしたが、SKYFLAGでは80を超えるインターネットメディアと連携しており、上記の運用を一元管理することが可能です。

各メディア・CPIメニューへの発注及び予算管理の作業、各メニューを統合レポートで管理効果比較などの分析時間の短縮を行うことにより、広告主様や代理店様の業務ROIの向上に貢献しております。

関連リンク

株式会社Skyfall
成果報酬型広告で質の高いユーザーを低工数で獲得できる広告運用支援ツールSKYFLAGがリリース




10月の月間ニュースランキングTOP10



10月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している9月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。