クラウド広告運用ツール「Shirofune」に追加機能~動画キャンペーンの視聴分析・レポート機能を追加~

2019年1月21日、株式会社Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」のレポート機能に、「動画キャンペーンの視聴数や視聴度のレポート分析機能」を新たに追加したと発表しました。なお、今回拡張した機能はProプランのユーザーの方を対象とした機能です。

概要

機能追加の背景

​これまで動画キャンペーンについては、その広告管理や効果の分析・レポーティングを各広告媒体の管理ツールで行う必要があり、Shirofuneユーザーで動画キャンペーンをご利用の方には、Shirofuneと各広告媒体の管理ツールを使い分けるという手間がかかっていました。

しかし、動画広告市場規模の急激な拡大が示すように、ナショナルクライアントを中心に動画広告に大きな予算を割くようになってくるなど、動画キャンペーン対応機能へのニーズや要望がユーザー周りで高まっていたことから、今回の機能拡張に至ったとのこと。

この機能拡張により、利用金額や表示回数、視聴数やクリック数などの視聴分析をShirofuneが日々情報を収集し、レポート画面の指標を変更するだけでその内容をグラフ形式で確認が可能となり、他のキャンペーンの分析とまとめて、Excelレポートに出力することが出来るようになり、Shirofuneの大きな魅力の一つである「各媒体を横断した広告運用の一元管理」の幅がさらに広がります。

なおレポート機能以外の広告作成機能や予算管理機能、広告最適化機能については、現在Google等でAPIの提供が行われていないため未対応となり、今後の対応はAPIが提供され次第となりますが、2020年の商用化を控える次世代通信規格「5G」の普及により動画広告のニーズがさらに高まっていく中、Shirofuneでもこのニーズに応えていくために、更なる機能拡張を目指し、開発を進めていく予定としています。

詳細については関連リンクよりご確認ください。

動画キャンペーンのレポート機能の設定方法について

Proプランをご利用のユーザーが連携媒体アカウントで動画キャンペーンを実施している状態で、優先コンバージョンに「動画視聴」を一度選択するだけで、あとはShirofuneが日々自動的にデータを取得し、分析グラフやレポートに情報を反映します。

関連リンク

4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。