【活用事例】シャノン、必要だったのはマーケティングの社内浸透。株式会社ベンカンが2度目のSHANON MARKETING PLATFORM導入

株式会社シャノン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 健一郎、証券コード:3976 以下、シャノン)は、株式会社ベンカン(本社:群馬県太田市、代表取締役: 小林 充 以下、ベンカン)における、マーケティング支援システム「SHANON MARKETING PLATFORM(以下、SMP)」の活用事例を発表いたします。

シャノン、必要だったのはマーケティングの社内浸透。株式会社ベンカンが2度目のSHANON MARKETING PLATFORM導入

ベンカンは、配管メーカーとして70年以上の歴史を持つ企業です。

顧客への対面営業を重視してきた一方でマーケティングの必要性を感じていたベンカンは、2016年にはじめてSMPを導入したものの、運用が進まず1年ほどで解約しました。
しかし、その後もマーケティングを社内で浸透させる環境づくりを継続し、コロナ禍で対面営業が難しくなったタイミングで、2020年11月からSMPを再導入しています。

メール配信やWebコンテンツ、資料ダウンロードなどの施策に取り組むだけではなく、導入から数か月で設計や運用が難しいスコアリングにもチャレンジしました。
今後は、SMPの顧客情報を営業に渡すだけではなく、SFAと連携し営業の情報も合わせて活用することを目指しています。

導入の背景

・「人に会う」営業を重視しながらも、マーケティングの必要性を感じ2016年に導入したが、運用がまわらず1年ほどで一度は解約
・解約後も社内にマーケティングを浸透させる取り組みは継続
・2020年、コロナ禍で対面営業が難しくなったタイミングでMAを再導入

SMPの活用方法

・活用方法は、トレーニング動画とカスタマーサクセスのサポートで学習
・メルマガの効果を確認しながら、Webサイトや資料ダウンロードのコンテンツを強化
・導入から数か月で設計・運用が難しいスコアリングにもチャレンジ

事例インタビュー

必要だったのはマーケティングの社内浸透。老舗メーカー、ベンカンが2度目のシャノン導入
https://www.shanon.co.jp/case/manufacture/benkan/

株式会社シャノンについて

シャノンは、クラウドテクノロジーをコアに、企業のマーケティング課題を解決する製品・ソリューション・サービスを提供しています。イベント、セミナー、マーケティングオートメーション、デジタルとアナログを組み合わせるデジアナマーケティングなどを実現するシャノンのマーケティング支援システムは、金融、IT・通信、製造業など業種を問わず、大規模から中規模まで多様なシーンでご利用いただいています。

関連リンク

株式会社シャノン
必要だったのはマーケティングの社内浸透。株式会社ベンカンが2度目のSHANON MARKETING PLATFORM導入




2021年4月の月間ニュースランキングTOP10



2021年4月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年4月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。