セプテーニ、ディープラーニングを活用した広告クリエイティブソリューションツール「Odd-AI」を開発

セプテーニ odd・AI

株式会社セプテーニ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:清水 雄介、以下「セプテーニ」)は、この度、東京大学 大学院情報理工学系研究科 山崎俊彦准教授の研究室(以下「山崎研究室」)との共同研究のもと、ディープラーニングを活用した広告クリエイティブのソリューションツール「Odd-AI(オッド アイ)」を開発し、運用を開始いたしました。

背景

近年、運用型広告における広告フォーマットや配信手法の多様化が進み、広告クリエイティブ開発においては広告効率を維持するため、短期サイクルで、多種多様かつ大量の制作が必要とされています。これに伴い、広告クリエイティブの量と質の担保や、精度の均質化がより求められております。

セプテーニではこれまで、山崎研究室と共同で広告クリエイティブに関する広告効果の事前予測、改善案の提案、制作サポートの実現を目指し研究に取り組んでまいりました。

Odd-AI(オッド アイ)とは

この研究のもと開発した「Odd-AI」は、セプテーニが保有する過去の膨大な運用型広告の配信実績をもとに、ディープラーニングを活用し広告クリエイティブのソリューションを提供するツールです。第一弾として、新たに制作した広告クリエイティブのCTR(Click Through Rate:クリック率)を事前に予測する機能を搭載しています。予測にあたっては、画像データに加え、テキスト、ターゲティング種別、季節性など、あらゆるデータを活用して予測精度を向上させております。これにより多数の広告クリエイティブの配信検証プロセスを省略でき、配信開始時から広告効果の高いクリエイティブを優先的に選択することが可能となります。

また、株式会社セプテーニ・オリジナルが開発するソーシャル広告の運用最適化ツール「PYXIS」とも連携しており、「Odd-AI」が予測した広告クリエイティブを、「PYXIS」を通じてCTRの高い順に掲載するとともに、広告配信後の精査および運用まで自動的に行うことが可能です。

現在はFacebook、Instagramにおける運用型広告に対応しており、順次、Yahoo!やLINE、Twitterなど対応媒体を増やしていくとともに、動画広告における再生完了率といった予測対象指標を追加してまいります。

セプテーニでは今後も、より効率的な広告運用を目指し、「人」×「テクノロジー」を通じた質の高いマーケティング手法の開発・提供により、企業のマーケティング活動における課題解決を図ってまいります。

関連リンク

株式会社セプテーニ
セプテーニ、ディープラーニングを活用した広告クリエイティブソリューションツール「Odd-AI」を開発 ~広告効果の事前予測により、効果の高い広告クリエイティブの選択・配信が可能に~




2020年10月の月間ニュースランキングTOP10



2020年10月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年10月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。