宣伝会議、設立から7年、マーケティング責任者が集うコミュニティ「CMO CLUB GLOBAL」は 「CMO X」へ

マーケターと異分野のコラボレーションで日本におけるマーケティングの価値を高める。

100社を超える企業のマーケティング責任者が集うコミュニティである「CMO CLUB GLOBAL」はマーケターの価値と可能性を広げるため、マーケティング以外の領域のテーマや人とのコラボレーションを強力に推進するため、この度、名称を変更いたしました。

「マーケターの、マーケターによる、マーケターのための組織」の象徴である、ボードメンバーによる運営体制は継続。2021年に新しく就任した5名のボードメンバーと、活動していきます。

– Network of Japan Marketing Leaders –

これまで、年に10回以上の研究会や分科会の開催、研究会レポートの発信、セミナー開催などの活動をしてきました。設立から7年目を迎え、この度、さらなる次のステージへと進むことを決め、名称とロゴを変更いたします。

新たな名称は「CMO X(=シーエムオー・エックス)」です。

「CMO CLUB GLOBAL」の名称に込めた、世界のマーケターとの交流を通じて、日本のマーケティングのさらなる活性化に貢献したいという想いはそのまま、さらに異分野とのコラボレーションで新たな価値を生み出そうという活動方針を踏まえての変更です。

マーケターが集うだけでなく、マーケターと新しいテーマや人、仕事が融合することで、足し算ではない化学反応を生み出せる組織になっていこうという想いを「X(=エックス)」という言葉に込めています。

■「CMO X」の新ロゴ

「CMO X」の新ロゴ

■「CMO X」について

これからの企業そして経済を牽引するのはマーケティングであるとの考えにもとづき、株式会社宣伝会議がFounderである加藤希尊氏とともに2014年11月に設立した「JAPAN CMO CLUB」。

2020年に活動を発展させた組織「CMO CLUB GLOBAL」に名称を変更しました。

「マーケターの集合知で日本に突き抜けた成長力を生み出す」という理念は変わらず、日本の企業や商品、サービスのマーケティングにかかわる方(CMO:Chief Marketing Officer)を支援し、

その活動や成果、社会的役割を国内外に発信。また会員社同士の交流を通じ、日本におけるマーケティング、そしてマーケターの仕事の意味と意義を一緒に考える場を創っています。

2021年には、「CMO CLUB GLOBAL」の名称に込めた、世界のマーケターとの交流を通じて、日本のマーケティングのさらなる活性化に貢献したいという想いはそのままに、さらに異分野とのコラボレーションで新たな価値を生み出そうという活動方針を踏まえて「CMO X(=シーエムオー・エックス)」に変更しました。

「CMO X」では、ますます成長力が生み出しづらくなる、成熟した社会環境の中において、マーケティングの力で、これまでにない新しい社会、産業、企業、人の成長の在り方を考え、国内外に発信していきます。

■運営について

– CMO X 実行委員会
– CMO X 事務局(運営・メディア協力) ― 株式会社宣伝会議
– Content Director 谷口 優(宣伝会議)
– Founder 加藤希尊(チーターデジタル)

※本組織の活動内容は、株式会社宣伝会議運営の「アドタイ」にて随時更新中です。
https://www.advertimes.com/special/cmox/

■「CMO X」の具体的な活動

– マーケティングの責任者(社長、CMO、部長など)が集まる研究会(3回/年)
– ブランド体験および意見交換会としての分科会や企業視察(10回/年)
-「CMO X」 が主催するマーケターのためのフォーラム開催(CMO FORUM)
– 月刊「宣伝会議」を通じた「CMO X」の活動情報の発信
– 各社が抱えるマーケティング課題の相談・支援活動 など

■「CMO X 2021」Board Member

– 大谷 弘子 氏(株式会社ローソン 執行役員 マーケティング戦略本部 副本部長 兼 商品本部 副本部長)
– 木村 真琴 氏(株式会社サンリオ CMO マーケティング本部長)
– 小和田 みどり 氏(ライオン株式会社 サステナビリティ推進部 部長)
– 杉本 美穂 氏(アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 個人事業部門 マーケティング部 副社長)
– 田中安人(株式会社吉野家 CMO、株式会社グリッド CEO)
(五十音順)

CMO X

■「CMO X」発足にあたり

2021年のボードメンバーからのコメントは以下の通りです。

-大谷 弘子 氏
(株式会社ローソン 執行役員 マーケティング戦略本部 副本部長 兼 商品本部 副本部長)
コロナ禍で生活様式は大きく変わりました。残念な変化もありますが、来るべき未来が加速して来たようなポジティブで明るい変化も沢山あります。ウィズコロナで生まれた新しいお客様インサイト、ポストコロナの更なる変化・進化、求められる商品・サービス等について、生活者に寄り添ってきたマーケターの視点を活かして議論していきたいと思います。

– 木村 真琴 氏
(株式会社サンリオ CMO マーケティング本部長)
成長するグローバルに展開をしたい、でも日本で成功したものを海外で成功させるのは簡単なようで
実は一筋縄ではいかない。そんな課題感のもと、特に成長著しい中国、東南アジア、中東などを念頭に、実践可能なマーケティング視点を導きたいと思います。

– 小和田 みどり 氏
(ライオン株式会社 サステナビリティ推進部 部長)
昨年以来の社会状況は、人々の価値観や行動を変えました。ますます世の中の変化を敏感に捉えスピーディに変革していくことが求められています。視点は自社のみならず社会全体も見据えなければ生き残れない。社会問題には競争はなく、共創が必要です。「CMO X」がその場になれるよう貢献できればと思っています。

– 杉本 美穂 氏
(アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 個人事業部門 マーケティング部 副社長)
Luxuryという言葉はラテン語のLuxuria(有り余るほどの)Luxus(外れた)が語源といわれています。しかし言葉の表すところは時代により絶えず変化し、Luxuryも例外ではありません。今のLuxuryとはなんだろう、Luxuryをもう一つのラテン語Lux(光)すなわち特定の人を惹きつける光として捉え、創造的なセッションを楽しめたらと思います。

– 田中 安人 氏
(株式会社吉野家 CMO、株式会社グリッドCEO)
「CMO CLUB GLOBAL」が「CMO X」への更なる進化で、マーケッターの集合知を日本の課題解決に実装できるような結果を出して行ければと考えております。皆さんと共にマーケターの集合知でワクワク・ドキドキする未来を語り合いましょう。

また、本CLUBのFounderである加藤 希尊 氏は、「CMO CLUBは2014年の発足以来7年間、マーケティング領域における知見を高めてきました。今回、マーケティングを企業文化の醸成や社会貢献、グローバル市場という新たな対象と掛け算することで、さらなる可能性や成長力を生み出す組織へと変化します。『CMO X』という、新ネーミングの先に開ける可能性にご期待ください。」とコメントしています。

■本件に関するお問い合わせ

「CMO X」運営事務局(株式会社宣伝会議内)
03-3475-3010 cmo-x@sendenkaigi.com

■関連リンク

株式会社宣伝会議
設立から7年、マーケティング責任者が集うコミュニティ「CMO CLUB GLOBAL」は 「CMO X」へ




2021年4月の月間ニュースランキングTOP10



2021年4月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年4月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。