ラクスル、運用型テレビCMノバセルとApp Ape、エム・データが事業提携 国内NO.1のアプリ実利用データと番組・CMデータの相関効果をデータベース化

ノバセル、App Ape、エム・データが事業提携 国内NO.1のアプリ実利用データと番組・CMデータの相関効果をデータベース化

~他社のCM効果も参考にした放映枠の選択で広告効果を最大に~

自社のノウハウをベースとした広告のプラットフォーム事業「ノバセル」にて企業のマーケティング支援を提供するラクスル株式会社(以下「当社」)は、モバイルアプリの実利用データ提供と国内No.1のアプリ分析サービスApp Apeを運営するフラー株式会社(以下「フラー」)とテレビで放送されたあらゆるジャンルの番組・CM内容をテキストデータ(TVメタデータ)化するデータプロバイダ&リサーチカンパニーである株式会社エム・データ(以下「エム・データ」)の2社と番組効果のデータベース活用において業務提携に至りました。

他社のCM効果も参考に放映枠の選択をすることでCV最大化へ

この提携により、アプリ実利用データとテレビ番組やテレビCMデータをかけあわせたデータの取得が可能になり、番組効果のデータベース化が実現します。本提携により、より広告主にとって効果の出る番組を把握することができ、テレビCMの放映効果を最大化させます。
また、本提携後に検証を行い、自社のテレビCMの効果分析はもちろん、他社のテレビCMの効果分析結果も参考にしながらテレビCMの買い付けを可能にする仕組みを提供してまいります。
3社の力を合わせて、テレビ番組とアプリの利用効果を元に相関指標で効果を可視化し、運用型テレビCMという新たな市場を作り、企業の成長をサポートしてまいります。

ノバセル、App Ape、エム・データが事業提携 国内NO.1のアプリ実利用データと番組・CMデータの相関効果をデータベース化

業務提携の背景

当社は、誰でも気軽にテレビCMを利用できる世界を目指し、広告のプラットフォーム事業「ノバセル」のサービス提供を開始しました。従来テレビCMは、視聴率を元にした放映枠の買い付けが一般的で、費用対効果がわかりづらいといった課題を抱えていました。ノバセルでは、テレビCM効果を即時に可視化できるクラウド型テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」を活用することで、テレビCMの効果測定をWEB広告と同様の指標での効果検証を可能にしました。取り組みの中で、番組ごとの効果測定の精度を高めるためには、アプリ及びテレビCM放映に関わるデータボリュームを更に増やす事が不可欠であると考え、国内NO1のアプリデータを持つApp Apeとテレビ番組やテレビCMにおけるデータを大量に保有するエム・データとの業務提携に至りました。二社には、視聴率に代わる番組効果の可視化やスコアリングを通じたテレビCMの新たな可能性に賛同いただいています。
本提携により、これまでノバセルがサポートをしていたデータに加え、App Apeが保有するアプリのインストール数、アクティブユーザーのデータと、エムデータが保有する放映日時、ジャンル、カテゴリー、出演者、独自にサマライズした放送内容情報などテレビ番組やテレビCMのあらゆるデータを活用し、番組とアプリダウンロードの相関関係の可視化を可能にします。
テレビCM放映によるアプリダウンロード数の推移を番組ごとに可視化することで、より広告効果の高い番組へのCM放映や、他社の効果を参考に放映枠を選択することができ、テレビCMの広告効果を最大化させるための画期的なスキームであると考えております。

提携パートナー企業について

・フラー株式会社 執行役員CMO 杉山 信弘氏

私自身、広告代理店で経験をしたTVCM販売の際の効果測定の曖昧さやコストメリットのみにフォーカスを当てた買い付けに課題を持っており、今回の取り組みに賛同致しました。弊社保有のアプリ実利用データを提供させていただくことによって、放送局様にとっては番組、広告主様にとっては媒体、双方の価値の最大化に寄与していければと考えております。

・株式会社 エム・データ 代表取締役 関根 俊哉氏

エム・データは、テレビ番組やCMの放送実績を記録(TVメタデータ化)し、放送・広告・リサーチ・マーケティング・流通等の各業界に提供しております。ラクスル社、フラー社との提携により、テレビとデジタルを統合したPDCAサイクルを高速化し、次の一手につながるマーケティング支援とテレビのメディアパワーや効果を高めることを実現します。

ラクスル株式会社について

「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という企業ビジョンのもと、印刷や物流といったデジタル化が進んでいない伝統的な産業に、インターネットを持ち込み産業構造を変えることで、より良い世界にすることを目指します。現在、印刷・広告のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」と、物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」のサービスを提供しております。

ラクスルが掲げる“DX生産性革命”とは

ラクスルはシェアリングプラットフォームの構築による取引の効率化に加えて今後、ソフトウェア(SaaS)の提供などにより業務の効率化を行っていきます。「取引」と「業務」の改善を実施することで、日本企業と業界の生産性向上を実現していきます。ラクスルは産業変革者として、デジタル化が進んでいない伝統的な産業に対して、ITの力を用いて「DX生産性革命」を起し、日本経済の未来をより良いものにしていきます。

関連リンク

ラクスル株式会社
フラー株式会社
株式会社エム・データ
運用型テレビCM「ノバセル」とApp Ape 、エム・データが事業提携国内NO.1のアプリ実利用データと番組・CMデータの相関効果をデータベース化




2020年10月の月間ニュースランキングTOP10



2020年10月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年10月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。